2018年1月11日に放送されたニンテンドーダイレクトminiの動画。
あ、なんか久々にNintendo Directを観た気がする。miniと付いているのでそれほど大した発表ではなかったが、いろいろとニンテンドースイッチ向けのタイトルを発表してました。

  • すばらしきこのせかい-Final Remix-
  • ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX
  • 星のカービィ スターアライズ
  • ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ DX
  • Stardew Valley
  • マリオテニス エース
  • イースVIII
  • SNKヒロインズ Tag Team Frenzy
  • ドンキーコング トロピカルフリーズ
  • DARK SOULS REMASTERED

 

感想

全体的に中型タイトルというか、本編+アップデート版のゲーム発表といった感じだな。完全新作があまり発表されてなかった背景からすると、やっぱニンテンドースイッチはまだまだ青い! Wii Uからの流れを崩せていない感じがするな。

昔好きだったSNKシリーズは、何というか・・・迷走してる感じだなw
エロゲみたいな中途半端な層へ進んだというか、なんか格闘ゲームとして誇りを捨てたような気もすらする・・・。「あら? 不知火舞ぽい女性だな」とか思いつつも、初め見たときはSNKのゲームだとは思っていなかった。タイトル名が発表されてガッカリした。
 

イース8とかPS3ぐらいの画質のゲームを見てると、ニンテンドースイッチの画質は良いだか、悪いんだか分かりづらいハードだな。任天堂産は60fpsで画質が綺麗に見えるが、そもそも深い作り込みのゲームでもないので、あの画質とフレームレートを維持できている気もするし、結局どこら辺りが限界スペックなのかが私的に気になった。

あと映像のナレーションがどうも合わない気がする。少し前からダイレクトはあの人だったけど固定化されたのかな。あの声からすると子供向けゲームならともかく、今回は青年以上向けタイトルも混ざっている状況だし、何か噛み合っていない違和感を感じた。


最近運営してるゲーム攻略サイト

FF7リメイク 攻略
スクエア・エニックスが開発・発売のFF7リメイク。原作のFF7をフルリメイクした作品で、バトルシステムがアクションとコマンドを融合。今作は分作のため、ミッドガル脱出までの物語までですが、それでもブルーレイディスク2枚組のボリューム!FF7の完全版みたいなタイトルかな。

龍が如く7 攻略
セガの龍が如くスタジオが開発の龍が如く7。新しく主人公が春日一番になり、バトルシステムもライブコマンドRPGバトルを導入。舞台も神室町よりも約3~4倍広い横浜・伊勢佐木異人町を追加。コマンドバトルになったことで、キャラクターの成長要素やジョブシステムが存在しており、これまでの龍が如くシリーズとは一味違った遊びプレイできます。

Days Gone(デイズゴーン) 攻略
SIE Bend StudioのDays Gone(デイズゴーン)。オープンワールドのサバイバルアクション。パンデミックが起こり、世界中の人間や動物が、凶暴なフリーカーというゾンビのような姿になってしまった舞台。世界は危機に陥っており、生存者たちは必至に生き延びようとキャンプで暮らしている。主人公のディーコンは賞金稼ぎとして外の世界で流れ者の生活を送っている物語。

レッドデッドリデンプション2 攻略
ロックスターゲームスのオープンワールド西部劇のレッドデッドリデンプション2。舞台は1899年アメリカ西部は衰退の一途をたどり、もはやガンマンと無法者は神話化しつつある時代。ダッチギャングに所属する新主人公のアーサー・モーガンが、自らの理想、または自分を育ててくれたギャングへの忠誠、そのどちらかの選択に迫られる・・・

Death Stranding(デスストランディング) 攻略
コジマプロダクションのDeath Stranding(デスストランディング)。オープンワールドのアクションゲーム。分断された北米大陸を再び繋いで、アメリカ再建のために運び屋のサムが立上がる。オンライン要素では非同期で他のプレイヤーとアイテムや施設を共有することができます。一風変わった小島秀夫監督の新しいストランドゲーム。