真柄直隆

仁王2の真柄直隆

真柄直隆は、暗影篇・メインミッション『屍山氷河』で登場するボス。 大太刀を装備しており、範囲の広い攻撃、やたらと多いHPと気合が特徴。 攻撃内容はある程度パターン化してはいるものの、 常世エリアで大太刀を振り回されると結構手厳しい状況になります。

真柄直隆の倒し方は、気合がなかなか削れないし、時間が経過すると気合が 徐々に回復してたりするので、陰陽スキル『符術・浄纏符』があると気合を削りやすいです。 割と動き回りやすいので、装備はソハヤ衆シリーズなど軽装や、 もしくは重たい装備を外して身軽にした方が回避しやすい。

気合を削った後のダウン取りが結構難しいです。猿の攻撃だけではダウンしないので、 コストの安いぬりかべも一緒に使うとダウンを取りやすい。 一回ダウンを取った以降は、猿だけでもダウンを取れるようになります。

常世エリアでは、大太刀1斬り→大太刀回転×3→掴み投げ(ガード不能)と コンボで使用してくることもあるので、とにかく逃げた方が良かった。 初撃をガードしても気合が削られるし、回転×3を回避すると気合も減って反撃どころではない。 近づけば足踏み氷や、赤カウンターの氷範囲攻撃など、インファイトはあまり良い事なし。

いろいろ考えた結果、攻略動画でやっているように距離を取って大筒でダメージを与える方法がいい。 気合もごっそり削れるので、逃げ回る気合だけ用意しておけば、反撃のチャンスを作りやすい。 衝撃波の飛び道具と赤カウンター技だけ注意して狙っています。

全体的にパターン化した真柄直隆の攻撃内容を覚えて、あとは反撃できるタイミングを覚えていくことです。 攻略動画ではやっていないが、常世エリアでは妖怪化して戦った方がいいと思う。

攻略動画


最近運営してるゲーム攻略サイト

FF7リメイク 攻略
スクエア・エニックスが開発・発売のFF7リメイク。原作のFF7をフルリメイクした作品で、バトルシステムがアクションとコマンドを融合。今作は分作のため、ミッドガル脱出までの物語までですが、それでもブルーレイディスク2枚組のボリューム!FF7の完全版みたいなタイトルかな。

龍が如く7 攻略
セガの龍が如くスタジオが開発の龍が如く7。新しく主人公が春日一番になり、バトルシステムもライブコマンドRPGバトルを導入。舞台も神室町よりも約3~4倍広い横浜・伊勢佐木異人町を追加。コマンドバトルになったことで、キャラクターの成長要素やジョブシステムが存在しており、これまでの龍が如くシリーズとは一味違った遊びプレイできます。

ラストオブアス2 攻略
ノーティー・ドッグのサバイバルアクションのラストオブアス2。前作から5年後のアメリカを舞台にしており、ジョエルとエリーはワイオミング州ジャクソンで平和な生活をしていた。しかし、とある事件により、エリーが復讐をするためにシアトルへ旅立つ物語。無慈悲で暴力の連鎖の先にあるものとは!?

Death Stranding(デスストランディング) 攻略
コジマプロダクションのDeath Stranding(デスストランディング)。オープンワールドのアクションゲーム。分断された北米大陸を再び繋いで、アメリカ再建のために運び屋のサムが立上がる。オンライン要素では非同期で他のプレイヤーとアイテムや施設を共有することができます。一風変わった小島秀夫監督の新しいストランドゲーム。