雑賀孫一

仁王2の雑賀孫一

雑賀孫一は、旭光篇・メインミッション『滲みゆく覆水』で登場するボス。 仁王1でも登場してたが、基本的には距離を離すと銃を撃ってきて、 近寄ると近接攻撃で襲ってきます。忍者のようにそこそこ素早い動きをしてくる。 追尾する炎の守護霊技、ワープしてからの投げ技などが特徴。

雑賀孫一の倒し方は、まず銃攻撃は陰陽スキル『符術・斥風符』を使えば、 銃弾を跳ね返せるので便利です。あとはワープするとロックオンが外れて、 空中投げを受けるので、消えたと瞬間に前へダッシュすればたいてい回避できる。

雑賀孫一が宙に浮いているときは、手裏剣など飛び道具を当てれば、強制的に落下させることも可能。 近距離戦に関しては銃と斬撃とキックを混ぜた戦い方をしてくるので、 回避かガード後に反撃すればいい。守護霊技の炎を出してきた場合は、 しばらく距離をおいて炎が消えるまで逃げ回った方が安全。

攻略動画では、陰陽スキルは『符術・封気符』で気合回復を遅らせて、 旋棍でゴリ押しして気合を削った戦い方をしてます。

牛鬼

仁王2の牛鬼

牛鬼は、旭光篇・メインミッション『滲みゆく覆水』で登場するボス。 雑賀孫一を倒した後に、場所を変えて登場します。 かなりの巨体で、攻撃範囲が広いのが特徴。 一見動きが遅そうに見えるが、意外と俊敏だったりします。

牛鬼の倒し方は、まず攻撃範囲を見極めることから始めるといい。 バトル開幕ではボディプレス、もしくは毒吐き→赤カウンタータックルのどちらかから攻撃してくることが多い。 ボディプレスなら後ろへ回避、毒吐きなら左右へ回り込むようにして回避します。

赤カウンターに関してはパリィを狙えます。ちなみに門のどころへ頭をぶつけさせると、 牛鬼がスタンするのでややチャンス時になります。でも無理して狙う必要もないです。 見事誘導できればトロフィーなんかも獲得できます。 とりあえず毒吐きをしてきたら、赤カウンターを警戒すること。 毒はその場でモヤモヤしているのではなく、前へ進んで来るので横回避で対処します。

前足ひっかき×2~3、前足地面突き刺し×1などは横回避、もしくはガードで対応できる。 ガードするとスタミナが一気に削られるので、なるべく回避で対処すること。 前足で掴んで喰われる技も横回避で対応できる。回避後は反撃できるほどの隙ができます。

全体的にベストポジションは脇腹辺りです。頭部付近は攻撃を受けやすく、 背面へ周るとボディプレスを受けやすい。角や後ろ足を攻撃すれば大ダメージを与えれるが、 難しいので無理して狙う必要はないです。攻撃力が高ければ、攻略動画のように気合を削った後に 猿鬼で突き刺せばダウンを取れることがある。1回目は取れないことが多いが、2回目以降はダウンを取りやすい。

攻略動画


最近運営してるゲーム攻略サイト

龍が如く7 攻略
セガの龍が如くスタジオが開発の龍が如く7。新しく主人公が春日一番になり、バトルシステムもライブコマンドRPGバトルを導入。舞台も神室町よりも約3~4倍広い横浜・伊勢佐木異人町を追加。コマンドバトルになったことで、キャラクターの成長要素やジョブシステムが存在しており、これまでの龍が如くシリーズとは一味違った遊びプレイできます。

Days Gone(デイズゴーン) 攻略
SIE Bend StudioのDays Gone(デイズゴーン)。オープンワールドのサバイバルアクション。パンデミックが起こり、世界中の人間や動物が、凶暴なフリーカーというゾンビのような姿になってしまった舞台。世界は危機に陥っており、生存者たちは必至に生き延びようとキャンプで暮らしている。主人公のディーコンは賞金稼ぎとして外の世界で流れ者の生活を送っている物語。

レッドデッドリデンプション2 攻略
ロックスターゲームスのオープンワールド西部劇のレッドデッドリデンプション2。舞台は1899年アメリカ西部は衰退の一途をたどり、もはやガンマンと無法者は神話化しつつある時代。ダッチギャングに所属する新主人公のアーサー・モーガンが、自らの理想、または自分を育ててくれたギャングへの忠誠、そのどちらかの選択に迫られる・・・

Death Stranding(デスストランディング) 攻略
コジマプロダクションのDeath Stranding(デスストランディング)。オープンワールドのアクションゲーム。分断された北米大陸を再び繋いで、アメリカ再建のために運び屋のサムが立上がる。オンライン要素では非同期で他のプレイヤーとアイテムや施設を共有することができます。一風変わった小島秀夫監督の新しいストランドゲーム。