「ゲーム攻略」の記事一覧

仁王(NIOH)のβ体験版 攻略

ゲーム攻略

仁王(ベータ体験版)

仁王(NIOH)のβ体験版はPS Storeで、2016年8月23日~9月6日まで無料配信されてます。体験版とはいえ、ボスを倒せば製品版で使える『強者の証』『制覇の証』を入手できる仕様になってます。ジャンルは戦国死にゲーなので、難易度は高めのゲームです。

α体験版で遊べた鵺のエリアは用意されてなかった。基本的な解説も含めて軽く攻略しておきました。製品版を攻略するかどうかは今のところ不明。
 

九州篇マップの解説

仁王マップ

■拠点

  • :能力強化、奉納、術・守護霊・木霊セッティング
  • 鍛冶屋:武具・アイテム売買、武具強化
  • 修行場:チュートリアル
  • 鳥居:マルチプレイにおける条件検索
  • 隠世の茶室:プレイ不可

■ベータ版で遊べるエリア

  • 鬼の棲む島:ミッションレベル5
  • 鬼の棲む島(逢魔が時):ミッションレベル25
  • 枯尾花とあやかし:ミッションレベル7
  • 枯尾花とあやかし(逢魔が時):ミッションレベル25
  • 闇の奥:ミッションレベル12
  • 闇の奥(逢魔が時):ミッションレベル25
  • 西国無双の誘い:ミッションレベル30

続きを読む »

ポケモンGO 攻略

ゲーム攻略

ポケモンGOは日本では2016年7月22日に配信されました。Android/iPhoneでダウンロードできます。ポケモンGOを遊ぶのに必要な攻略情報をまとめてみました。

マップ、メニュー、道具などの解説

ポケストップ

ポケストップ

ポケストップは、ワールドマップに青色ボックスが浮いている。モンスターボールや道具・タマゴが入手できる所。ポケストップに近づくと、青色ボックスの形が円形プレートに変化する。中心部の写真の看板を横にスワイプすると回転します。そして中からアイテムが複数個出現するのでタップして回収します。

一度、ポケストップで道具を回収した後は、5分経過してから調べると復活している。

ジム

ジムはポケモントレーナーがレベル5から利用できるようになる。ジムでは3つのチームが競い合う。無所属のジム(白色のジム)にポケモンを1匹選んで配置し、自チームのジムにできる。また同じ色の仲間チームのジムには、自分が所持しているポケモンを1匹配置できる。

仲間チームのジムではトレーニングバトルをして名声とレベル上げができる。他チームのジムではバトルを挑んで名声とレベルを下げれる。名声を上げるとジムのレベルが上がり、配置できるポケモン数を増やせます。また他チームのジムの名声を0にさせれれば、無所属のジムへ戻すことができる。

続きを読む »

The Tomorrow Children(トゥモローチルドレン) 攻略

ゲーム攻略

2016年6月3日17時~6月6日17時の期間中にThe Tomorrow Children(トゥモローチルドレン)のオープンβテストが実施されました。トゥモローチルドレンは多人数参加型のオンラインマルチプレイ。一言でいうと任天堂の『どうぶつの森』のような作業ゲームです。

世界中はボイドと呼ばれる異物化した大地に覆われ、地球上の大半の文明・自然・生命体が失われた状況です。プレイヤーはクローンとなり資源を集めて町を発展させ、人類を再建するのが主なストーリー。キャラクターや言葉などを観察するとロシアがベースとなっている。基本は資源集め、町の工作、敵(イズベルク)を撃退すること。基本的な攻略内容をまとめておきました。

■公式:http://www.jp.playstation.com/op/thetomorrowchildren/playersinfo/

 
続きを読む »

オーバーウォッチ 攻略

ゲーム情報 ゲーム攻略

オーバーウォッチ

■公式:http://www.jp.square-enix.com/overwatch/

2016年5月5日~5月10日まで無料で参加できるオーバーウォッチのオープンβテストが実施されました。正確には9日まででしたが1日プレイ期間が延期された。オーバーウォッチはチーム対戦型のアクション・シューターです。私はランク54までプレイしたが、結論から言うと最初はスゲー面白かったが、ランク25あたりから底が見えてきて結果飽きた感じがします・・・

短期間で飽きてしまった理由は、全体的にキャラクターの強さのバランスがおかしいと思ったから。バスティオンやタレットなどがやたら強い・・・。こいつらを苦労して倒すのは割りに合わないし、すごく簡単な操作で下手クソな方でも多くキル数が取れてしまう残念さがあった。タレットのエイム力は、ありゃFPSプロの以上の速さだな。正確且つ俊敏な速さで針に糸を通すように射撃してくる。

ただFPSで洋ゲーの割にはキャラクターに個性があり、ライトユーザーでも遊びやすく楽しめる内容だった。でも基本はPT戦なので最終的にはPTを組んだチームが勝利しやすく、野良チームはやがて厳しくなるゲームだと悟った。ガチのPT戦と気軽に遊べる野良戦のマッチングはわけないと駄目だね。

キャラの強さに関しては製品版でパッチ調整が入る可能性がありますが、もう十分楽しんだし満足したので、各キャラクターの基本的な攻略法を参考までに記載しておきます。

 
続きを読む »

仁王(α体験版) の攻略と感想

ゲームレビュー ゲーム攻略

仁王
仁王(α体験版) は、2016年4月26日~5月5日までにPS・storeで無料配信されている体験版。さっそくやり込みプレイをしてみたが、いや~実に難しいゲームだった(汗)。ここまで苦戦したアクションゲームはあまりないかもしれない・・・。でも最後までクリアしたい気持ちと・途中で投げ出したい気持ちでジレンマがおき、結果的には達成感のある面白いゲームだったかと思う。でもライトユーザーからすればマゾ+クソゲーと評価する可能性が高いかもしれないw

ソロで2ステージのボスまで全攻略できました。ボス戦はうまいこと考えて、どちらもノーダメージクリアできたが、安定して倒せるまでには至らないのでまだまだなんだろうな。クリアしてから残心システムがあったことに気付いた訳だが、α版とはいえチュートリアルが無いのかとw

 
ソウルシリーズと似通っている部分があり、基本は死にゲー+初見殺しの内容。スタミナの管理と武具の劣化による破壊があるので、ソウルシリーズよりさらに難しいゲームだった。雑魚敵でも群れに囲まれると即死ねます。上位防具を入手できたとしても同じこと。紙くずの如く主人公が雑魚にあさっりとぬっ殺されますw まあアクションゲーム上級者向けのゲームだな。とはいえ、ライトユーザー層にはオンライン協力プレイができるモードなども用意されてます。

序盤のマゾさはかなりのもので、なんの攻撃を受けても一撃で死にます。そのためゲーム開始時から無理ゲーにすら感じられるゲームですが、RPGのように敵を倒して装備集め+レベル上げが必要なゲームです。アクションテクニックで一気に攻略できるゲームでもないので、序盤の方は社を根城にレベル上げ+装備集めをじっくりしてから進めるのが基本になる。

 
続きを読む »

ページの先頭へ