第3回『龍スタTV』のロストジャッジメントの概要


2021年9月14日20時より、龍が如くスタジオ公式チャンネルにて、
新番組『龍スタTV』をユーチューブ・ライブ、ツイッター・ライブにて配信!
ロストジャッジメントの放送では、今回で第3回目。
先行実機プレイでバトルやセガ・マスターシステムを紹介してました。


番組名 【龍スタTV#3】『ロストジャッジメント』爽快バトルを実況ゲームプレイ!!
放送日 2021年9月14日、20時~21時
MC
  • 龍が如くスタジオ:上原
  • セガ宣伝担当:齋藤
出演者
  • 総合監督:名越 稔洋
  • チーフプロデューサー:細川 一毅
  • アクション担当:折原 純
  • スペシャルゲスト:MCU(アーティスト)


ロストジャッジメントの実機プレイ公開バトルシステム編

プリンセス折原!?

プリンセス折原

来週、ロストジャッジメントの製品版が発売されます。
先週はロストジャッジメントの体験版が配信されたばかりですが、
龍スタTVでは先行実機プレイでバトルシステムをざっくりと紹介してました。


龍が如くスタジオのアクション担当・折原氏は、
いつの間にか『プリンセス折原』と呼ばれていたのだとかw

由縁は龍が如く15周年企画にて、龍が如くシリーズのナンバリングプレイ・151.5時間実況プレイで、
折原氏がプリンセスリーグをプレイしたときに、劇的な逆転優勝したときに名が付いたようだ。



ロストジャッジメントの新しい『流スタイル』について

流スタイルで攻撃を回避している八神

ロストジャッジメントの体験版でも切り替えることができなかった、
流スタイルについて解説してました。
まず流スタイルのガードは背後や横からの攻撃も防御可能で、ジャストガードで受け流しになる。
投げ技は、投げた敵を巻き込んでヒットするため、円舞スタイルのように集団戦に強い。


ボス各の敵がモータルアタックを繰り出すシーン

またボスクラスの敵は、全身にオーラをまとって必殺技のような攻撃(モータルアタック)で
攻撃してくるが、それの返し技である『モータルリバース』がロストジャッジメントにはある。
威力は結構強めなカウンター技といったところ。
また、致命傷システムは無くなったそうで、それに伴い治療薬アイテムもなくなったのだとか。


フィールドの雑魚戦では、雑魚集団の中にボスクラスの敵もいて、
それは画面下側に別個でHPゲージが表示される。


ビビリ状態で怯えるザコ敵

ロストジャッジメントでは状態異常にビビリがあるが、流スタイルだと受け流しで確率で発生したり、
ボスクラスの敵を倒すと、雑魚敵がビビリ状態になるのだとか。
ボスクラスはビビらないそうなので、ボスから倒すのが手っ取り早いのだろう。


そしてビビリ状態で戦意喪失になった雑魚敵には、
流スタイル専用EXアクション『EXサレンダー』で一撃で倒すことができる。
ビビリ状態はずっと効果が持続する分けでもないので、一定時間内に仕留める必要がある。
またディスアームという技で、QTEのボタン押しが成功すれば、武器を取り上げることができる。



各バトルスタイルのバフについて

バトルスタイルのバフ

バトル中にある条件を達成させると、八神隆之の全身が少し光を放ちバフが付きます。
円舞スタイルは敵の攻撃を回避すると攻撃速度が早くなり、
一閃スタイルはチャージ攻撃をすると攻撃力が上がり、
流スタイルは敵の攻撃を受け流すとスーパーアーマーになるようです。


バフはバトルスタイルを切り替えても、持続するので組み合わせよっては強くれそう!?
円舞スタイルでバフを付けてから、一閃スタイルへ切り替えての連続技が有効かもしれない。



ロストジャッジメントにもシャルルの店員が登場する

ロストジャッジメントにシャルルの店員役のMCUが出演

龍スタTVのスペシャルゲストのMCUは、前作のジャッジアイズにてゲームセンター・シャルルの
店員役として登場していたが、ロストジャッジメントにおいても登場するそうです。
まぁ、「シャルルもあれば、東徹が登場するんだし、どーせ登場するんだろ・・・」と思っていたが、
やっぱり登場するんだといった印象。



セガ・マスターシステムの体験プレイ

シャルルの店員役のMCUが出演

あとは軽くセガ・マスターシステムの紹介をしてました。
全て入っているのではなく、有償DLCにも付属するものもあるので、
購入すれば結構なタイトル数を、八神探偵事務所でプレイすることができます。



感想

ロストジャッジメント出演の木村拓哉と山本耕史

んー、もう体験版とか配信されたので、なんか今更な内容かな。
体験版の告知も兼ねて、この放送やりゃ~良かったのに。
あと体験版に異人町くらいは入れてほしかったけど、
いろいろと面倒そうなので神室町だけにしたのだろう・・・


セガ・マスターシステムに関してはどうだろうな。
あれ全部やるとなると時間的にアレだし、レトロゲーム好きが喜びそうなタイトルか。
色眼鏡のやつは、あんなの店で売ってるの見たことないぞw


昔、新聞に一緒に入ってたよなぁ。今でいえばニンテンドー3DSの立体機能みたいなの。
全体的にダンスゲームやらすなら、プリンセス折原から虎落としの伝授でも受けたほうが、
放送的に良かったのではないのかとw


あと少し前にGYAO!とTOKYO FMでは、木村拓哉氏と山本耕史氏がロストジャッジメントをプレイして、
きゃふきゃふ言ってました。キムタクからすればダンスゲームのやつは無理ゲーらしい。

「LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶」を汗だくでプレイ!」(TOKYO FM × GYAO!)