更新日:

Warlander(ウォーランダー)攻略

Warlander(ウォーランダー)攻略

Warlander(ウォーランダー)の攻略サイトです。
Warlanderのスキルや装備データ、攻略情報やアップデート情報をまとめてます。

Warlander攻略:更新履歴

  • DATA クラス『魔法使い』の攻略記事を作成。
  • DATA クラス『僧侶』の攻略記事を作成。
  • DATA クラス『戦士』の攻略記事を作成。
  • SYSTEM Warlander(ウォーランダー)の操作方法の記事を作成。
  • DATA Warlander(ウォーランダー)の攻略まとめを作成。

攻略一覧


Warlanderの発売日はいつ配信?

現在のところは配信日は未定だが、2022年12月にPC版のリリースを予定している。
CS版に関しては言及なし。先にPC版を正式リリースしてから、
早い段階でコンシューマーのリリースを予定している。



Warlander(ウォーランダー)とは?

Warlander(ウォーランダー)の僧侶、戦士、魔法使いのクラス選択画面

最大100人のプレイヤーが争う、オンラインマルチプレイの対戦アクションゲーム

Warlander(ウォーランダー)とは、株式会社トイロジックがゲームの企画と開発を行う、
三人称視点のオンライン専用アクションゲームです。パートナーシップのPLAIONが配信。
国産ゲームで基本プレイは無料、一部課金要素による運営です。


Warlanderは中世ファンタジーを舞台とし、スクワッドと呼んでいる各チームに分かれて、
一つの戦場で最大100名のプレイヤーたちが争います。戦略的でワイワイ協力しながら楽しむ感じ。

クラスは戦士僧侶魔法使いが用意されており、個性的な武器やスキルで戦います。
剣/クロスボウ/魔法、そして建設して武器にできる破城槌や投石機を使用しながら戦う。


対戦チームと小競り合いを行い、各地に存在するタワーを占領しながら自チームの領域を増やし、
敵の城内へ侵入してコアを叩き壊すのが目的となります。
試合後は経験値を獲得し、クラスのレベルが上がったり、新しい装備やスキルを入手していく。



Warlander(ウォーランダー)のゲームシステム

Warlanderで城内で戦うシーン

各クラスには成長要素があり、戦場では最大100人が入り乱れる

プレイヤーは始めに戦士、僧侶、魔法使いの中からクラスを選択してデッキを組みます。
戦士は近接向けアタッカー、僧侶は回復ができるヒーラー、魔法使いは遠距離向けアタッカー。
1アカウントで複数のクラスを作成可能で、デッキでは出陣させるキャラクターを選択する。


各クラスにはCP(カスタマイズポイント)が割り振られており、
強い装備やスキルほどCPのコストが高くなります。
CP上限内に収まるように、各キャラクターをカスタマイズする必要がある仕様。


称号ランクが上がるとCP上限が増加するので、より強い装備やスキルをセット可能だが、
試合中に活躍して入手できるヴァラーポイントを溜めて、ヴァラーレベルを上げないと出陣できない。
なので、試合開幕から最強キャラクターを出陣させることはできません。


試合では対戦相手を倒し、各ミッションを攻略しながら、タワーを占領してポイントを稼いでいきます。
逆転要素では偶像というロボットや、大魔法というメテオを使用できるチャンスが用意されている。
そして最終的には、敵の城内にあるコアを先に壊すことで勝敗が決する。


■訓練場

訓練場ではNPCが配置され、自由に武器やスキルを使用したり、各操作を試せるゲームモード。
主にチュートリアルも兼ねている。

■2チームデュエル

2チームが争うゲームモード。1チームに4人一組のスクワッドが5つ配属されて、
合計20人の味方チームとなる。最大40人のプレイヤーが参加可能です。

■5チームウォーロイヤル

5チームが争うゲームモード。5チームに各20人づつプレイヤーが配属される。
合計100名による試合になるが、プレイヤーが集まらなかった場合はNPCが代わりに参加します。
2チームデュエルとルールが異なる点は、チームで同盟/勧誘をしたり、裏切ったりできる。

■カスタマイズ要素

クラスには武器/防具/スキル/タレントが用意されており、キャラの見た目は後からでも変更可能。
武器は近接武器/飛び道具/魔法などで、防具も含めて能力がアップする効果が付与する。


スキルにはレベルとレアリティが割り振られており、同名スキルでもレベルが高いほど効果が高い。
しかし、強力なスキルほど前述したCPのコストも高くなるため、CP上限内に収まるように
装備をセットしていく必要がある。カスタマイズ要素は報酬で獲得したり、ショップで購入できます。



課金要素はどんなものがあるのか?

基本プレイは無料だが、課金要素はキャラクターのデザイン的なコスチュームだったり、
シーズンパスが大きなマネタイズ要素となります。


それは経験値が早く溜まる時短要素だったり、アイテムを1個多めに貰えたり、
レアアイテムのドロップ率が少し上がるブーストなどが用意されている。
Pay to Win(課金の力で簡単に勝利できてしまうようなゲーム性)にならないように開発してます。



Warlander(ウォーランダー)に関連した沿革

ウォーランダーで一斉射撃を行うカットシーン
  • 2022年9月13日、WarlanderのPC版(Steam)のオープンベータが配信された。
    ゲームローンチでは、最大100人のプレイヤーが参加可能な5チーム戦と、
    最大40人のプレイヤーが参加可能な2チーム戦の2つのゲームモードを実装。
    尚、オープンベータで作成したデータは、製品版には引き継がれない。
  • 2022年9月21日、Warlanderは英語版の公式ディスコードで運営していたが、
    日本語版の公式ツイッターのアカウントも開設した。
    現在は複数ユーザーがチートによる不正行為を行っており、対策を進めている。
    チーターには順次アカウント停止措置を行っている。

PC版の動作スペック

■必要動作スペック
OS Windows10(64bit)
CPU Intel Core i5-7400 3.00 GHz、
AMD FX-6300 Six-Core
メモリ(RAM) 4GB
GPU GeForce GTX 960(4GB)、
Radeon RX 560(4GB)
■推奨動作スペック
OS Windows10(64bit)
CPU Intel Core i7-8700 3.20Ghz、
AMD Ryzen 7 2700
メモリ(RAM) 12GB
GPU GeForce RTX 2060(6GB)、
Radeon RX 5700 XT(8GB)

ウォーランダーのゲーム概要

ゲーム名 Warlander
ゲームジャンル 対戦型オンラインファンタジーアクション
プラットフォーム PC、コンソール
メーカー
プレイ人数 1人~100人
発売日 未定
価格 基本プレイ無料(一部アイテム課金)
主なクリエイター
  • ディレクター:岳 洋一