E3 2016で新規タイトル『DEATH STRANDING(デスストランディング)』を発表!

北米時間で2016年6月13日にアメリカ・ロサンゼルスにて開催された
『PlayStation E3 2016 Press Conference』で、
コジプロの新規タイトル『DEATH STRANDING(デスストランディング)』が発表された。
当時は日本語同時通訳付きでライブ配信されました。


■SCEからSIEに社名を変更

ちなみに2016年4月1日に株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、
株式会社ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント(SIE)へ社名を変更しました。


ソニー・ネットワークエンタテインメントと業務が統合されてSIEになった。
新たに設立したSIEはアメリカのカリフォルニア州サンマテオを拠点にし、
PSユーザーの維持と事業の拡大に向けて取り組んでいるのだとか。
社長兼CEOは、アンドリュー・ハウス氏。


コジマプロダクションが開発の新規IP『デスストランディング』

小島秀夫

初めに小島秀夫監督が登場! なんか日本よりも海外の方で知られてそうな雰囲気だなw
デスストランディングのティザー映像を公開してました。


■オープニングのテキスト

一粒の砂に世界を、一輪の花に天国を見い出すには、
君の手の平で無限を握り、この一瞬のうちに永遠を掴め。
『無垢の予兆』-ウィリアム・ブレイク


デスストランディングのノーマン・リーダス

映像に登場している男性は、俳優のノーマン・リーダスです。
少し前に小島監督が作った『P.T.』というサイレントヒルシリーズの体験版にも登場してたが、
デスストランディングでも主演を務めるようです。


ノーマン・リーダスはウォーキング・デッド(ダリル役)で登場してたが、
最近は何やってんだろ?


Death Strandingのノーマン・リーダスと赤んぼの画像

んん…全体的にフォトリアルな映像だがイミフすぎるw
まずノーマン・リーダスはなぜか服を着ていない。


少しテクノロジーな手錠を腕に付けて、赤んぼとはコードのようなもので繋がっている。
悲しそうに赤んぼを抱いていたが、途中で姿が消えて黒い液体と手の跡を残してる。
ノーマン・リーダスの全身には、手の平の跡がいっぱい付いているは何なんだろう?


Death Strandingのノーマン・リーダスと赤んぼの画像

場所は海岸のようだが、大量のカニ・魚・クジラが死滅している。
「そもそも人類は絶滅したんだろうか!?」と思えてしまう風景にも見える。
地面には手の平の跡が移動するように残り、そして黒い液体がにじみ出る演出が、
一体何を意味しているのか全く分からない・・・


Death Strandingのロゴ

本作は小島監督が、企画・脚本・監督・ゲームデザインを手掛ける。
プロダクションを立ち上げて以来、限られた時間と環境で前だけを向いて走ってきたのだという。
今後とも私たちがお届けする遊びにご期待あれ!とのこと。
日本語版のティザー映像は、後ほど公開予定らしい。


■DEATH STRANDINGの概要
  • 開発元:株式会社コジマプロダクション
  • 発売元:株式会社SIE
  • 対応機種:PS4
  • ジャンル:未公開
  • 発売日:未定
  • 価格:未定
  • CERO:審査予定


デス・ストランディング初公開の感想・考察

デスストランディングとは一体何だ?

『DEATH STRANDING』とはどういった意味か?といえば、
死の座礁という意味かと思われる。


ホライゾンゼロドーンでは『座礁した手かせ』というアイテムがあったが、
デス・ストランディングのイースターエッグかと思われます。上記映像の手錠です。
他にも『座礁したネックレス』『座礁した人形』などもありましたが、
偶然にしては何か出来過ぎている。


座礁(ざしょう)といえば、船や海洋生物などが浅瀬に乗り上げて動けなくなるときに使う言葉だが、
ティザー映像の場所は海岸なので、死と隣り合わせの場所という意味合いだろうか!?
他の動物たちがすでに死んでいる点を考察しても、死の大地とかそんな感じなのかなと思った。
そしてノーマン・リーダスは、あの大地へワープする感じで座礁したとか。


コードのようなもので結ばれているが、何か意味があるんでしょうね。
初公開ティザー映像なので、話題性を集めるために、
わざとイミフな動画に仕上げているのかと思うが、初めて映像を観た印象としては
ノーマン・リーダスの顔めっちゃリアルだ」「なんか不思議な世界観だな」といったところか。


小島監督といえば「メタルギアソリッドのようなゲームをまた作るのかな?」と想像してたが、
何かまるっきり違うゲームのような…という印象すら漂います。
いずれにしても、今後公開される映像を追っておくと、なにか分かるタイプなのかもしれない!?



↑TOP