更新日:

トゥモローチルドレン フェニックスエディションのアナウンストレーラー


トゥモローチルドレン フェニックスエディションのアナウンストレーラー動画です。
約1年近くのサービスでトゥモローチルドレンのサービスが終了してしまったが、
Q-GamesがSIEから権利を取得し、新機能を含んだリバイバル版の開発に取り組みました。


フェニックスエディションでは、新たな島を探索したり、ゲーム導入部分の改善、
未公開アイテムや新しい遊びなどが追加されたようです。
ざっくりと動画を観た感じだと、あんまり代わり映えしていない気がします。


もっとも課金要素を撤廃して、中央サーバーに依存しない制作にしたそうなので、
オフゲーとしてまったり遊べるところがイイ! 旧作では強制的に共産主義をやらされたので、
自分の思い通りにプレイできなかったり、または町が荒らされたりして萎えるゲームだった・・・


そんなこんなで、誰もがオフラインでプレイしたいと思ったはずw
とはいえオンライン要素もあるようで、同志たちと協力しながら町を築けるそうです。
謎の島々は40以上用意されているので、今作は探索のしがいがありそうか!?



トゥモローチルドレン フェニックスエディションのゲームプレイトレーラー


トゥモローチルドレン フェニックスエディションのゲームプレイトレーラー動画です。
今作ではシングルプレイ体験を向上させて、同志のAIシステム、ツールのフックガン、
エネルギー補給所、モノリスなど新しい機能が追加されました。


モノリスとは、ボイドに浮かぶ島に存在する建造物で、起動させるとその島の地形が変化して、
隠された秘密を見つけることができるのだとか。動画に少し映ってる扉みたいなやつです。

旧作でも島が崩れたりすることがあったが、任意で行えるものだったりするとか!?
モノリスはシングルプレイとマルチプレイの両方で使用でき、秘密の宝箱や道の分岐が出現するらしい。


今作では、仲間たちと探検する楽しさを格段に向上させたそうです。
価格は4000円。PS5では機能が拡張されているそうなので、PS4とは違ったことができそう?



ボイドからのお便り#12の動画


トゥモローチルドレン フェニックスエディションのボイドからのお便り#12の動画です。
島のレベルデザインを担当している2名のスタッフが、今作の島について解説しております。
彼らは島の外観を作り、その中の通路や隠し部屋などを配置しているのだとか。


今作のボイド訪問から変わった点は、旧作とは異なり、島の中の地面だったものが、
全てボイドに沈むようになっているため、元々は地面に置いてあった宝箱や木など、
素材を移動させたり、新しく地形を追加しているそうです。


島そのものは、旧作の島とは少し違うそうで、追加要素を入れているため、
過去にプレイ経験があるユーザーにとっても、新しい既存の島に驚きがあるのだとか。

「毎週カメラでインタビューしてもいいか?」と質問されて、
ボイドに飲まれるような表情で、「駄目です!」とキッパリと断ってたw



BitSummitでトゥモローチルドレンを出展したときの動画


毎年京都で開催しているインディーゲームのフェスティバル『BitSummit 2022』にて、
Q-Gamesのチームが、トゥモローチルドレン フェニックスエディションの出展のために、
参加したときの動画です。


動画ではQ-Gamesが、なんか紙物を用意しているが、開場で限定グッズとしてプレゼントした。
また、ひと足先にトゥモローチルドレン フェニックスエディションを試遊できたそうです。

新しいツールのフックガンを使用している映像が観られます。
大いに賑わいを見せる開場だが、コロナに感染しなかったのか不安になってくるイベントだなw