更新日:

ザク2【格闘装備】の特徴&ステータス

ザク2【格闘装備】は追加機体です。
EVOコイン×990で購入するか、またはキャピタルポイント×1980を消費してアンロックすることになります。


特徴&ステータス

ユニット名 MS-06 ザク2【格闘装備】
難易度 ★★☆☆
レンジ 近距離
HP 1200
ステップ数 2回
ウェポン
(メイン、サブ)
  • R2/左クリック:大型ヒート・ホーク(斬撃)
    大型ヒート・ホークで薙ぎ払い、近距離で有効な斬撃を前方に飛ばす。
    斬撃は敵ユニットを貫通する。
  • L2/右クリック:ガードタックル
    腕を前に構えガードする。ガードしながら前方にタックルを行う。
    敵ユニットに当たるとダメージとノックバック、シールド不可を与える。

    クールタイム(7秒)
Gマニューバ R3/Q:大型ヒート・ホーク(回転斬り)
大型ヒート・ホークで一定時間回転斬りを行う。
範囲内の敵ユニットにダメージとノックバックを与える。
アクティブスキル
  • ×/E:死にはせん
    一定時間すべての攻撃を防ぐとともに、移動ができなくなる。
    効果中は被弾したダメージを怒りゲージに変換する。

    クールタイム(13秒)
  • △/F:大型ヒート・ホーク(衝撃波)
    大型ヒート・ホークを振り下ろし、敵ユニットを貫通する衝撃波を飛ばす。
    クールタイム(8秒)
  • ○/C:ジオンの怒り
    怒りゲージ最大時に使用可能。ゲージを全て消費することで
    一定時間自身にアーマーを付与し、さらに攻撃性能が強化される。

    クールタイム(7秒)、アーマーHP:500
特徴

ガードで攻撃を耐えながら距離を詰め、タックルで敵のシールドを無効化することが可能。
怒りゲージを全て消費することで攻防ともに性能が強化され、近距離戦闘において力を発揮する。

機体内容

ジオン公国軍が開発した量産型モビルスーツ。
汎用性に優れた機体で、多数の派生型が開発された。
ジオン公国軍ドズル・ザビ中将専用機には
全体にエングレービングが施され大型ヒート・ホークを所持させた。

出典タイトル 機動戦士ガンダム MSV

ダメージ

クリティカルヒットが出ない。
ジオンの怒り発動時は、全ての威力が上がります。


武器 部位、ダメージ
大型ヒート・ホーク(斬撃) ボディー:100+85
ジオンの怒り:100+180
ガードタックル ボディー:300
ジオンの怒り:350
大型ヒート・ホーク(回転斬り) ボディー:250(複数回)
ジオンの怒り:375(複数回)
大型ヒート・ホーク(衝撃波) ボディー:300
ジオンの怒り:350


ザク2【格闘装備】の武器、スキル解説

大型ヒート・ホーク(斬撃)

ザク2【格闘装備】が大型ヒート・ホーク(斬撃)の攻撃シーン
▲大型ヒート・ホーク(斬撃)で斬る様子

ザク2【格闘装備】のメインウェポン『大型ヒート・ホーク(斬撃)』は、近接武器です。
R2を押しっぱなしにしておくと、巨大な斧で薙ぎ払い、斬撃を飛ばして攻撃します。

斧によるダメージ+斬撃によるダメージ効果がある。
威力はそれほど高くもないが、近接武器なのでリロードの必要がなく、無限に斬れます。


斬撃のレンジは、ブーストステップ×1ぐらいの距離まで衝撃波が飛びます。
横斬りしてるので斬撃はヒットさせやすいが、威力が低いため、
基本的には斧を敵にヒットさせるようにした方がいい。


斧攻撃にはシールドを貫通する効果があり、斬撃の方はシールドでガードできる。
ジオンの怒りを発動させた場合は、斬撃ダメージの威力が上がります。
尚、斬撃は敵を貫通して、奥側にいる敵にもヒットする。


ガードタックル

ザク2【格闘装備】がガードタックルで攻撃するシーン
▲ガードタックルで攻撃する様子

サブアクション『ガードタックル』は、L2長押しをすると左肩を構えてガードします。
そのガードポーズ状態からR2を押すと、正面にタックル攻撃をする。

レンジはブーストステップ×1くらいで、ダメージ+ノックバック+シールド不可効果があります。
ガードポーズ状態中は、ダメージ軽減効果はありません。


移動要素としても使えなくもなく、ブーストステップを使えるほどのゲージが残っていないときに、
ガードタックルで距離を詰めてから、近接攻撃に移行する戦い方ができる。
他にはノックバック効果を利用し、敵を突き飛ばしてリングアウトを狙ったり等。


大型ヒート・ホーク(回転斬り)

ザク2【格闘装備】が大型ヒート・ホーク(回転斬り)を仕掛けるシーン
▲大型ヒート・ホーク(回転斬り)で斬り込む様子

ザク2【格闘装備】のGマニューバ『大型ヒート・ホーク(回転斬り)』は、
カメラが三人称視点になり、ザク2が一定時間コマのように回転しながら攻撃します。

攻撃範囲が広く、回転斬りにはダメージ+ノックバック効果がある。
効果時間はレーティクルの上の方にゲージが表示されてます。


ノックバック効果により、1ヒットさせれば同じ敵に連続でヒットさせやすく、
回転時間も長いため、敵の群れへ割って入るように使用すると壊滅させやすい。
逃げ場が少ない細い通路や、陣取りエリアで使用すると効果的。


回転中は無敵時間は無いので、ダメージは普通に受けます。
スタン系の攻撃を受けると中断させられるので注意。


死にはせん

ザク2【格闘装備】が死にはせんで無敵状態シーン
▲死にはせんを発動中の様子

アクティブスキル『死にはせん』は、スキルを使用するとカメラが三人称視点に切り替わり、
ザク2が仁王立ちして全身が青色に光って一定時間無敵状態になります。

無敵中は攻撃/移動不可で、全てのダメージを怒りゲージに変換してくれる。
効果時間は約3秒程度で、レーティクルの上の方に効果時間のゲージが表示されてます。


敵のスタン攻撃やGマニューバーによる攻撃も防げたりできるので使い勝手はいいが、
無敵時間が解けるまでガン待ちされやすいのが難点。
占領エリアを少しでも維持させたいときや、周囲にいる敵の位置を確認したいときに使用するのもいい。


大型ヒート・ホーク(衝撃波)

ザク2【格闘装備】が大型ヒート・ホーク(衝撃波)を繰り出すシーン
▲大型ヒート・ホーク(衝撃波)を飛ばす様子

アクティブスキル『大型ヒート・ホーク(衝撃波)』は、大型ヒート・ホークを縦に振り下ろし、
衝撃波を飛ばしてダメージを与える攻撃です。衝撃波は敵を貫通して奥側にいる敵に
ヒットさせることも可能で、斬撃が遮断物に当たらない限りずっと直進します。


大型ヒート・ホーク(斬撃)と比較すると、衝撃波が縦に飛ぶので当てにくい。
とはいえ、ザク2【格闘装備】は中距離~遠距離向けの飛び道具が撃てないので、
遠くから敵を狙えそうなときに使う程度です。


ジオンの怒り

ザク2【格闘装備】のジオンの怒り
▲レーティクルの横にある『怒りゲージ』が溜まる様子

アクティブスキル『ジオンの怒り』は、敵を攻撃したり、ダメージを受けたり、
またはアクティブスキル『死にはせん』を使用して怒りゲージを溜める
ことができます。

そして怒りゲージが満タンになると、ジオンの怒りを発動できるようになる。
ただし、死んだりすると怒りゲージは全て無くなります。


怒りゲージは時間経過と共に減少するが、ゲージを一旦MAXまで溜めると減少効果はなくなる。
ジオンの怒りを発動させると、画面の四隅に燃えるようなエフェクトが表示されて、
怒りゲージが空になるまで、アーマーが500付与されて攻撃力もアップします。


発動させればそれなりに強いが、発動する前に死んだりすることも多いため、
Gマニューバーで敵の群れを一掃したりすると、ジオンの怒りを発動できる状態になりやすい。



ザク2【格闘装備】の立ち回り

1:近距離で戦う

ザク2【格闘装備】がサザビーを撃破する様子
▲サザビーに密着して勝つ様子

ザク2【格闘装備】の特徴といえば、高い最大HPと無敵時間のあるアクティブスキル『死にはせん』で、
ある程度のダメージに耐えれる、近距離アタッカー&サブタンクのポジションです。


同じ格闘機体のガンダムバルバトスと比較すると、ガンダムバルバトスはハイジャンプで裏取りしてから
攻撃を仕掛けて、そしてハイジャンプで逃げ去るといったパターンを持つが、
ザク2【格闘装備】の場合は気軽に近寄ったり、逃げたりできるスキルが無いのが厳しい。


なので、全体的に近づくまでが課題となります。
遮断物が多いエリアや、室内では隠れながら敵に近づいたり、
チームで撃ち合いをしてる隙に裏取りしたりなど、少しばかり工夫が求められる。


そしてザク2【格闘装備】のレンジに入ったら一気にブーストステップで近づき、
敵に密着する感じで近接攻撃を浴びせて勝つパターンになります。

密着することで敵側は狙撃しづらくなったり、混乱してデタラメに乱射したりするので、
斬りながら敵の横や背後に移動するのがベスト。サザビーなんかはそんな感じで相手にするといい。


コツはブーストステップか、ガードタックルを使用して距離を詰めること。
少しでも距離が開くと銃で狙われるので玉砕覚悟で斬り込む!
狂ったように敵に粘着して、激しく攻め立てたほうが案外生き延びやすかったりします。


2:タンクとしての活動

ザク2【格闘装備】の死にはせんで耐えてる様子

タンクとしての活動はあまりないが、道が開けた見渡しのいい場所だと
ザク2【格闘装備】は基本的に役に立たないので、チームの先頭に立って『死にはせん』を発動して
一斉射撃を浴びてる隙に、味方チームに狙撃してもらう隙を作る耐え方で貢献できる。


ガンダムバルバトスとサシで勝負になると、初手でアクティブスキル『太刀』で
スタンを取りに来る人が多いので、カウンターでアクティブスキル『死にはせん』で防御すれば、
その後はガンダムバルバトスとの斬り合いには勝ちやすくなります。


まとめ

■攻略ポイント
  • 玉砕覚悟で敵に接近して激しく攻めるユニット。
  • 敵に接近するまでが難しいので、基本は隠れながら距離を縮めていく。
  • レンジに入ったら、ブーストステップやガードタックルで一気に距離を詰める。
  • メインウェポンや大型ヒート・ホーク(衝撃波)の斬撃には貫通効果がある。
    メインウェポンの斧攻撃はシールドを無視したダメージが入る。
  • 総合的に考慮すると、近距離アタッカー&サブタンクのポジションです。
    エイム操作があまり必要ないので、パッド操作でも十分操作しやすい。