おいちょかぶの遊び方とルール

賭場の場所のマップ

おいちょかぶについて

・おいちょかぶは、洛外の山王町にある『賭場』という所でプレイできます。
 花札を使った遊びで、月の数を数値と見なして下一桁を9に近づけるゲームです。


・ゲームを開始する前に、『設定の変更』から、
 ドシッピン、シロクの逃げの採用/不採用、札の種類を株札/花札にするか決めれる。


・累計獲得点数が7500点になるとコンプリートになる。
 確認方法は、メインメニュー → コンプリート → ミニゲーム → おいちょかぶの項目で確認できます。



解放条件 賭け点
初級 初期 100点
中級 初級で10回以上勝利する 500点
上級 中級で15回以上勝利する 1000点

・親で勝利した際に、複数勝ちしても1勝利としてカウントされます。
 昇級したら一度席を離れて、再度プレイすれば解放される。


・おいちょかぶは、親の際にたくさん勝利して稼ぐか、負けて持ち点を大量に減るかがポイント。
 特殊役が出て負けると損失が大きいので、案外油断できない。
 上級クラスが解放されるまで1点賭けをして、一気に7500点を稼ぐ手もあるが
 普通にプレイしてても7500点を越えやすい。



おいちょかぶのルール
おいちょかぶに使用する花札の絵柄

・おいちょかぶは、花札を数字のカードに見立てたゲーム。
 配られた合計数値の下一桁で競ったルールです。
 例えば1月の札は『1』、5月の札は『5』、10月の札は『0』となる。


・11月と12月を除き、1月〜10月までの合計40枚の札を使用する。


合計、山札、子の札の説明図
  • ルールは配られた2〜3枚の札の合計値で、下1桁の数字を『』に近づけることが目標。
  • 勝負は親と子だけで争われるもので、子同士の勝負はない。
  • 合計値は0に近いほど弱く、9に近いほど強い。
  • 親と子の数字が同数の場合は親が勝利する。


おいちょかぶの役

通常役

・おいちょかぶでは、下1桁の合計値(通常役)は以下のように呼んでます。


下1桁 呼び方 - 下1桁 呼び方
0 ブタ 5 ゴケ
1 ピン 6 ロッポウ
2 ニゾウ 7 ナキ
3 サンタ 8 オイチョ
4 ヨツヤ 9 カブ


特殊役

・通常役の他に、特別な札の組み合わせが存在します。


特殊役 内容
シッピン 2枚目の札の組み合わせで1と4だった場合は、子のみ有効で賭け点2倍獲得
クッピン 2枚目の札の組み合わせで1と9だった場合は、親のみ有効で賭け点2倍獲得
アラシ 3枚目の札をめくりすべて同じ数字だった場合は、親と子に有効で賭け点3倍獲得
ドッシピン 3枚目の札の組み合わせで10が2枚、1が1枚だった場合
親・子ともに有効で、賭け点の20倍を清算する
シロクの逃げ 2枚目の札を配られた時点で4と6の組み合わせだった場合
親・子ともに有効で、その勝負を降りることができる


役の強さ

弱←                                                     →強

通常役(0〜9) < シッピン < クッピン < 子のアラシ < 親のアラシ < 子のドッシピン < 親のドッシピン





龍が如く 維新 攻略

攻略チャート

攻略データ

無料アプリ for PS Vita

システム・ゲーム内容