フィールドの基礎

ファストトラベルでワープ移動

ファストトラベルの場所

オープンワールドの広いエリアを、何度も移動するのは大変なことです。
マップを開いて、ファストトラベル可能な場所へカーソルを合わせれば、
一旦ロードを挟んで、その場所へワープできます。


ファストトラベルを利用したときは、オートセーブが実行されたりもする。
また、ミッション中でもファストトラベルが利用可能な場合もあります。
効率良く移動をしたいのであれば、
貨物ドローンに乗ってファストトラベル地をたくさん発見しておくといい。


■操作方法
  • ポーズメニューでマップを開く。
  • カーソルをファストトラベルのポイントに重ねる。
  • □長押しでファストトラベルを実行する。


オートドライブの車両

オートドライブ

ウォッチドッグスレギオンでは、アプリから車両を招集したりはできないので、
そこら辺にある車両を盗んで乗るか、車両を持ったキャラクターなら
キャラクターホイールで車両スキルから選択して車両に乗ります。
オートドライブ中の車両は、フロントガラスに『A』と表示されている。



警察の追跡

警察の追跡ゲージ

アルビオンの警備員を殴ったり、警備ドローンを破壊したり、
警備員が見てる周辺にて、人が乗車した車両を盗んだりすると手配されます。
オートドライブの車両は盗んでも手配されません。


手配されると画面左下のミニマップの上に、警察の追跡は5段階に分かれる。
手配度が増えると、いっぱいドローンに囲まれたりして大変になります。


しばらく警備員に見つからないように逃げたり、隠れてやり過ごすと、
時間経過でゲージが赤色 → 水色へと変わります。
そして水色ゲージが無くなれば手配が解除される。
ドローンによる追跡は、テクノロジー『ハッキング』のスキルで対処できる。



立入禁止エリアと制服

立入禁止エリア

マップを開いてズームで見ると、赤色エリアが点在しているが、それは『立入禁止エリア』。
立入禁止エリアにいるNPCは、アクティブなので攻撃してきます。


制服着用アクセス『建設作業員』『アルビオン』と書いてたりするが、
これは採用ミッションで、建設作業員かアルビオンを仲間にすると、
仕事の制服を着ているので、敵に怪しまれずに立入禁止エリアへ侵入できるという意味です。


制服を着ても敵に近づいたり、ずっと同じ場所に止まってたりすると、さすがに怪しまれるが、
遠くから敵の視界に入っても見つかったことにはならないので、
テイクダウンが取りやすく、かなり有利に忍び込めます。


■制服着用のポイント
  • 方向キー↑長押しのキャラクターホイールから制服を選べば、
    私服と制服を切り替えることができる。
  • 制服を着用して立入禁止エリアに入ると、移動速度が遅くなるので注意。
  • 敵に見られている状態で、ダッシュしたりすると気付かれやすい。
    なるべく敵に接近しないで、徒歩移動が基本となる。
    敵が見ていない場合はダッシュしてもいい。



タグ付け

タグ付け

プロファイラーのカーソルを、NPCに合わせるとタグ付けできる。
タグ付けを行うと、NPCが暗い所や遮断物、建物内にいたとしても、
白線で縁取られて可視化されます。


それにより、敵の正確な位置を把握できるメリットがある。
ミニマップにも敵の位置が表示されます。
尚、タグ付けは監視カメラでも行うことができます。



スキャン

スキャン

スキャンはR3(右スティック押し込み)で、工作員を中心にサークルスキャンを行います。
それにより遮断物に隠れている監視カメラなど、ハック可能な機器を発見したりできる。
暗い所では一瞬だけワイヤーフレームで表示されるので、地形を把握する使い方もあります。



×印の板張り

×印の板張り

木の板に、赤色のスプレーで『×』と書かれた、通路を塞ぐところは、
銃などで何度か攻撃すれば破壊することができる。近接武器でも破壊可能。
銃だと周囲に音が響くので、破壊するなら近接武器で壊すのが望ましい。


■小技

近接武器を所持していない工作員も多いので、
板を破壊するなら、銃を手に装備した状態で近接攻撃で板を壊すといい。
周囲に音が漏れることもなく壊せる。



エモート

エモートホイール

エモートとは感情表現です。
主にオンラインプレイなどで、挨拶代わりの交流として使用するもの。


挨拶、侮辱、ダンス、なだめる、励ます、ランダムがあり、
NPCの前で使用すると反応してくれることも。
アルビオンに侮辱したりすると、追いかけられて攻撃を受けたりします。


■操作方法
  • 方向キー←長押しで、エモートホイールを開く。
  • 右スティックでエモートを選び、方向キー←を離す。

ハッキング

スパイダーボット

スパイダーボット

スパイダーボットは通機口やダクトを通って、困難な場所へも侵入できるのが特徴。
敵に破壊されたりすると、一時的に使用不可になるが、
画面右下のクールダウンを終えれば再び使用することができます。


テクノロジーで強化してやることで、スパイダーボットでテイクダウンを取れたり、
二段ジャンプ、ARクロークで姿を消したりできるようになるので、
敵地の探索にも便利だったりします。


キャラクターに切り替えた場合は、R1長押しでスパイダーボットを瞬時に回収することも可能。
破壊される前に回収するのがポイントです。
また、ARクロークなどは一度使用するとクールダウンが発生するが、
一度回収すれば、即スキルを使用したりもできる。



ロックされたドアを開ける方法

一部のドアは『アクセスキー』でロックされているところもあります。
赤色の鍵アイコンで表示されており、アクセスキーは警備してるNPCが持ってたり、
近場のパソコンからダウンロードして入手したりと様々。
監視カメラ経由でもダウンロード可能で、アクセスキーを奪い取るとドアを開錠できる。


■小技

敵はアクセスキー無しでも、ロックされたドアを開けることができる。
あえて銃声を敵に聞かせて、ロックされたドアを開けてもらい、
その隙に中へ侵入したりもできます。




閉回路

閉回路

上記のアクセスキーの他に、閉回路で接続されたロックされたドアもあります。
L1長押しでロックされたオブジェクト、端末をスキャンしてデータフローを辿ります。
そうすれば、閉回路の機器がどの辺りにあるのか大体分かる。


閉回路の解除は監視カメラ経由では解除不可で、
直接現場に行って閉回路を操作するか、スパイダーボットを利用して解除できる。
または近くにあるバッテリーアレイがある場合は、
ハッキング『爆破』して、閉回路の機器を壊しても解除できます。



警備レーザー

警備レーザー

警備レーザーは、入口ゲートなどに張られた警報レーザー。
赤色のレーザーに触れると警報が鳴り、警備員やドローンが集まって来て交戦になります。
警備レーザーの解除方法は、大抵は警備レーザーの奥側にスイッチを切る小型端末がある。
監視カメラ経由で機能をOFFにして通過します。


■制服を着てると青色レーザーになる

例えばアルビオンの立入禁止エリアの場合、
アルビオンの制服を着てると、赤色レーザーが青色レーザーに変わり、
その場合はレーザーに触れても警報がなることはありません。



ネットワークバイパス

ブルームのデータコアのハッキングの様子

端末をハックすると、たまにネットワークバイパスのノードパズルを解く場合があります。
L1でノードを動かして、水色の回線になるように動かし、ネットワークにデータフローを作り出す。
そして最後のノードをハックすれば、ネットワークバイパスが完了。