更新日:

ウォッチドッグスレギオンのデッドセック・セーフハウスについての解説。
セーフハウスでできる機能などをまとめてます。


デッドセックのセーフハウスの機能一覧

デッドセックのセーフハウス

デッドセックのセーフハウスとは、デッドセックの隠れ家のこと。
メインミッション『デッドセック再始動』をプレイ中から利用できるようになります。



工作員との会話

デッドセックの工作員との会話シーン

ロンドン市民を仲間に加えると、デッドセックのセーフハウスにいます。
中には工作員に話しかけることができ、短い会話のカットシーンが再生されます。


ワードローブで服装の変更

ワードローブでマスクを試着するシーン

ワードローブでは、ETOを支払って購入できるデッドセックのショップと、
すでに所持している服装を変更することができます。
種類はアウター、インナー、レッグウェア、シューズ、ハンド、バッグ、
ハット、眼鏡、フェイス、マスク
の項目に分かれている。


マスクは銃を手に装備しているときや、フィールドの立入禁止エリアに入ったりすると、
自動的にマスクを被ります。


端末でデータドライブ

端末のデータドライブ

ワードローブのすぐ近くにある端末を調べると、
これまで入手したデータを見聞きすることができる。
とはいえ、ポーズメニューの『データ』のタブからでも、同様のことができます。


アルコールを飲む

アルコールを飲む様子

樽のところを調べるとアルコールを飲みます。
アルコールを飲むことによって、画面が歪んだり、ボヤけて、BGMが変化します。
酔っ払いの効果は、工作員のスキルで、酔うと効果を発揮するスキルがある。


ちなみに何度もアルコールを飲み続けると、べろんべろんに酔っ払って床に倒れます。
そしてその状態から、再びアルコールを飲むと気絶して、
ロード画面を挟んでセーフハウスの入口へ戻され、体内アルコールが抜けます。


フォトブースで記念写真を撮る

フォトブースでの撮影の様子

フォトブースでは、工作員たちと集合写真を撮れます。
工作員の人数も増えれば、フォトブースに映るキャラクターも増える。
カスタマイズ要素はマスクを被せたり、工作員の配置を変えたり、
ステッカーを変更したりできます。