ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックのルール

ブラックジャックとは、ディーラー(親)とプレイヤー(子)による
1対1で勝負するカードゲームです。
配られたトランプの合計数を『21』に近付けるのが目的となる。


■ルール
ブラックジャックのカードの数字

  • 数字のカードはそのままで計算され、絵札(J,Q,K)は『10』として数えられる。
  • Aは『』として数えられるが、合計数が11を超えてない場合は『11』として数えられる。
  • 合計数が『21』の数字を『ブラックジャック』と呼び、この数字が一番強い。
  • 合計数が『21』を超えた状態を『バースト』と呼び負け確定。
  • 勝利時のチップ配当は、勝ち方により倍率が異なります。

■ゲームの流れ
  1. 全員に2枚トランプが配られ、チップを賭ける。
  2. その得点で勝負するか、カードを引いて合計値21を目指す。
  3. ディーラーのカードの得点と勝負になる。

HIT
(ヒット)
カードを1枚引いて手札に追加する
STAND
(スタンド)

カードを引かないで、現在の合計数で勝負する。

SPLIT
(スプリット)

最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった場合に選択できる。
手札を二つに分けてプレイできる。

DOUBLE DOWN
(ダブルダウン)

最初に配られた2枚のカードを見た後に、賭け額を倍にできる。
ただし、強制的に1枚カードを引くことになる。

INSURANCE
(インシュアランス)

ディーラーの見えているカードが『』の時に選択できる。
賭け額の半額を保険として追加する必要がある。
ディーラーがブラックジャックだった場合、賭けたチップは没収されるが
保険料の2倍が支払われ、保険料が戻ってくる。

SURRENDER
(サレンダー)
勝負を降りる。賭け額の半分は戻ってくる
SIX UNDER
(シックスアンダー)

HITしまくって手札が6枚になり、
バーストしてなければプレイヤーが勝利する。


配当データ

勝ち方 配当倍率
普通に勝利する 2倍
ブラックジャックで勝利する(初手) 2.5倍
ダブルダウンをして勝利する 2倍
インシュアランスをして、
ディーラーがブラックジャック
1.5倍




↑TOP