ジョブの概要

職業(ジョブ)について

龍が如く7の職業のハローワーク

龍が如く7で存在する職業(ジョブ)とは、
一言でいうと各キャラクターが持つバトルスタイルのことです。
勇者、用心棒、ホスト、ダンサーなど、いろんな種類のジョブが存在し、
ジョブを選ぶことでステータスが変化したり、使用できる極技(スキル)が変化します。


キャラクターによってジョブの得意・不得意があるので、
パーティメンバーに合わせたジョブを選択するのがポイントになります。
バトル後はキャラクターの経験値の他に、Jobの経験値も獲得する。
そしてJob経験値が一定値まで溜まると、『Job Rank』が上がって強化されていく。


転職(ジョブチェンジ)について

転職(ジョブチェンジ)はハローワークで行える。
転職するためには、『人間力』というパラメーターがあり、
クエストやプレイスポットなどを攻略したりすると、人間力が上がっていきます。
例えば『魅力』という人間力を高めれば、『ホスト』へ転職できたりするような感じです。


また転職は資格学校へ行き、資格試験の検定に合格しないとできません。
転職を繰り返すことで、いろんなスキルが継承されていくため、自分流のキャリアプランを組める。
転職の順番だったり、育て方によって、強さに影響が出てきます。
中にはそのキャラクターのみしか選べない、『専用ジョブ』なども存在する。


■ジョブチェンジすると、どうなるのか?
  • ステータスが、職業に応じて上がり下がりする。
  • バトルで使用する武器・極技が変わる。
  • 一部の極技が継承される。
  • バトル中、選んだジョブの外見(服装)に変わる。


専用ジョブ

フリーター

『春日一番』の専用ジョブ(基本ジョブ)。
喧嘩殺法やプロレスの真似事で戦う。
地形に応じたヒートアクションや、仲間との連携技が使える攻撃的なジョブ。

勇者

『春日一番』の専用ジョブ。
バットを剣のように振るって戦う。
攻撃や仲間の補助、体力回復など様々な技を習得できる万能ジョブ。

ホームレス

『ナンバ』の専用ジョブ(基本ジョブ)。
傘や杖などを振り回して戦う。火を噴く攻撃やハトを駆使する攻撃、
臭い息を吐くなど、ホームレスらしい小技を習得できるジョブ。

刑事

『足立宏一』の専用ジョブ(基本ジョブ)。
警棒と柔道技を用いて戦う。
強力な攻撃の他、敵を妨害したり、味方を護衛する技を収録できるジョブ。

チーママ

『向田紗栄子』の専用ジョブ(基本ジョブ)。
ハンドバッグで敵を殴って戦う。美容器具を使った合気道のような
強力な体術攻撃を習得できるジョブ。

アイドル

『女性キャラクター』の専用ジョブ。
マイクステッキで歌って踊るジョブ。キュートな動きで敵を腑抜けにさせたり、
溢れる魅力で味方を癒す技を習得できる。



共通ジョブ

用心棒

刀の扱いに長けたジョブ。
自らの身を犠牲にして、敵に痛手を負わせる技を習得できる。

ホスト

酒ビン片手にバトルを盛り上げるジョブ。
ホストらしくキザでクールなサービス攻撃や、相手の大事な物を盗む技などを習得できる。

ダンサー

熱いソウルを武器に戦うジョブ。
素早いダンスで敵を翻弄して攻撃する。数々のダンストリックを習得できる。

占い師

水晶玉を武器に戦うジョブ。
RPGでいう魔法使い的な職業で、炎や電撃などで攻撃して敵を巻き込める。
多彩で不思議な効果をもった技を繰り出せるが、防御力は低い。

機動隊員

盾を武器に戦うジョブ。
全身にはプロテクターを装備して、見た目通りに圧倒的な守備力を誇る。
タンク的な役割で、敵の攻撃を引き付けたりできる。



↑TOP