『龍が如く7 光と闇の行方』ティザートレイラー

2019年8月29日に秋葉原UDXにて開催され、新・龍が如くの記者発表会で発表した
龍が如く7 光と闇の行方』のティザートレイラーです。
新・龍が如くから、ようやく正式タイトル名が発表されました。
また発売日も2020年1月16日に決定し、タイトルロゴなんかも微妙にデザインが違ってたりします。


ティザートレイラーは物語の最初の部分で、龍が如く7の舞台は横浜・伊勢佐木異人町。
神室町よりも約3倍ほど広いエリアなんだとか。
春日一番が刑期を終えて出所するところが描いており、
龍が如くオンラインとはまるっきりキャラクターが違うといった印象だ。


また中井貴一氏、堤真一氏、安田顕氏など、ゲームに出演する俳優も発表されました。
それとバトルが今までのアクションバトルかと思いきや、
今年に見せたエイプリルフールネタのコマンド式RPG風バトルが採用されているとか!?
仲間と一緒に成長していく要素が含まれているらしい。



『龍が如く7 光と闇の行方』特番 ~芸人NOモーション。が最新実機ゲームプレイ!~

2019年10月29日に放送された、龍が如く7 光と闇の行方の特番動画です。
東京ゲームショウ2019版からアップグレードされたバージョンで、
バトル部分やプレイスポット『名画座』『カラオケ』を披露してました。


バトルではBGMが追加されて、向田紗栄子も参加。
追加入力のジャストガードや、追い打ちが求められる場面でのQTEが見られ、
さらにアクションゲームらしい動きへブラッシュアップされてました。


あとは龍が如く7の店頭体験会を発表。
11月4日からセガパートナーズ合同体験会以外にも、各店舗で体験会が開催されます。
おそらく、あとからまた体験会の会場が追加されるかも?


一般家庭での体験版が配信されるかどうかはまだ不明だが、
配信されるとしたら、ゲーム発売日の2週間前ぐらいから配信されるかと思う。


関連記事

龍が如く7の店頭体験会の情報まとめ

2019年11月4日より、愛知・大阪・東京の3会場でセガゲームスが流通を行う
『セガパートナーズ』のタイトルを出展する合同体験会が開催されます。



『龍が如く7 光と闇の行方』最新ストーリートレイラー(2019年11月13日)

2019年11月13日に東京・恵比寿にて、龍が如く7の完成披露会で公開された
最新ストーリートレイラーの映像です。10分にも及ぶ長い映像。
どんな感じで春日一番が刑務所へ送られて、荒川真斗の変貌ぷりが見られる動画。
最後には桐生一馬の姿も・・・


それと湘南乃風と中田ヤスタカ氏による楽曲『一番歌』が流れてました。
そして2019年11月13日より、龍が如く7の体験版の配信、
初回特典のコラボグッズの内容なども発表。


関連記事

龍が如く7の購入特典

龍が如く7の購入特典情報。早期購入特典のDLC装備アイテム『真島建設備品セット』
プロダクトコード、『龍が如く』コラボブランドグッズ抽選券について解説してます。

関連記事

龍が如く7の完成披露会

2019年11月13日に東京・恵比寿ガーデンホールで行われた
龍が如く7の完成披露会についてまとめてます。



【プレイ解説】『龍が如く7』発売前に知りたい7つの疑問・前編


ぶっちゃけ龍が如く7からでも楽しめますか?

作り手としては、龍が如く7は龍が如く6の地続きのお話ではあるが、
そのうえで新しい人間の春日一番という視点から物語が描かれていきます。


龍が如くシリーズファンの人なら当然連続ものとしてご覧にいただけるし、
「龍が如く7から始めるよ」という方は当然主人公が変わってます。
春日一番はユーザーの方よりも、たぶん東城会とか龍が如くの世界のことを知らない人。


「新規で今回やって行こうかな」と思ってる方と、
心情はシンクロしますよね、春日一番と。
そういう意味では、一から当然やっていただける。


桐生一馬の出てこない龍が如くが楽しめるか不安! 春日一番の魅力って何?

春日一番は神室町にあるソープ『桃源郷』で、母親が誰からも分からずに産み落とされた。
そして、そこの店長に育てられた過去を持っていて、神室町生まれの神室町育ち。
特殊な幼少時代を送り、神室町にいる人全員が春日一番のことを知っている。


春日一番という人間は、ずっとゲームをプレイしていくうちに、
どんどん格好良く見えてくる不思議な人。


桐生一馬が出て来ないのが不安だと。じゃあ「出ないって言いましたか?」という話なんです。
龍が如く6で桐生一馬・最終章って言いました。
それは龍が如くシリーズの主人公が、桐生一馬ですが最終章ですということ。
「出ないのか?」と皆さんに文句言われて、後から足した訳じゃない。


どうしてバトルシステムを変更したのか?

ストーリー上、仲間がどんどん増えていくが、
一緒に謎を追いかける・夢を追いかける・苦労するというところを、
「一番正しくシステムは何か?」といったら、どうしてもRPGバトルシステムになった。



↑TOP