更新日:

真・女神転生5のバトルシステム

真・女神転生5のバトルシステムまとめ。
基本的なバトルの流れ、プレスターンバトル、マガツヒスキル、バトルリザルトの解説。
悪魔交渉や邪教の世界で行える悪魔合体の詳細などをまとめてます。


バトルの流れ

シンボルエンカウント

シンボルエンカウント

真・女神転生5のバトルシステムは、従来からあったシンボルエンカウントシステムです。
戦闘前はフィールドにいる悪魔と接触することで、バトルに突入します。
敵が主人公を見つけると襲ってきたりしますが、
敵とのレベル差が離れていたりすると、怯えて逆に逃げたりする。


悪魔と接触する前は、近づいてYボタンによる剣で斬りかかれば、
確率で先手を取れたりして有利な戦況からバトルを開始できる。
逆に悪魔から攻撃された場合は、先手を取られる確率が上がります。
敵の背後から斬りかかるのがベスト!


■先制攻撃を取る方法
  • 敵に気付かれる前に、剣撃がヒットすると100%で先制攻撃になる。
  • 敵に気付かれた状態で、剣撃がヒットすると確率で先制攻撃になる。



戦闘画面

真・女神転生5のバトル画面
■ゲーム画面の内容
  1. :一部のスキルや悪魔交渉のときに影響する
  2. バトルメニュー:以下に記載
  3. プレスターン:行動できる回数
  4. マガツヒゲージ:満タンになるとマガツヒスキルを使用できる
  5. 仲魔:現在場に出ている仲魔のステータス(HP/MP)
■バトルメニュー
SKILLS スキルを使用します
ITEMS 消費アイテムを使用します(主人公だけ使用可能)
GUARD 1ターンの間、受けるダメージや状態異常付着率を減少させ、WEAKとCRITICALを防ぎます
TALK 会話によって敵悪魔を仲間にします(主人公だけ使用可能)
CHANGE 仲魔1体をストックの仲魔と交代、あるいは帰還・召喚させます。
ESCAPE このバトルから逃走します(成功確率:○%)
PASS 次の行動者に順番を回します(Rでも可能)

真・女神転生5のバトルも、コマンド制のプレスターンバトルです。
最高4体の仲間のターン、敵のターンと交代で交戦が行われる。
行動順に関しては、ステータス『』の数値が高い方から、先に動けることが多い。



プレスターンバトル

プレスターンバトル

プレスターンバトルとは、真・女神転生3から導入されたバトル方式で、
敵の弱点を突いたり、クリティカル攻撃が出ることで、味方の行動回数が増えます。
また敵の攻撃を無効にしたりすると、プレスターンの回数を減らすこともできる。
油断すると一気に形勢が不利になったり、圧勝したりできるのが特徴。


■プレスターンの行動回数の変化について

例えば4人パーティーだとすると、プレスターンの行動回数は4回分になる。
全員が弱点やクリティカル攻撃を繰り出すと、行動回数は8回分になります。
また弱点やクリティカル攻撃は、ダメージ量が1.5倍くらいになる。


攻撃が回避/無効化されたり、攻撃吸収/反射されたりすると、
一気にプレスターンの行動回数を減らしてしまうのでピンチに陥りやすい。
なのでプレスターンの特徴は、とにかく敵の弱点を突くことが攻略ポイントになる。
そして敵が使う攻撃を無効化できる仲魔がいると、より安全に戦えます。


行動 ターン
消費
  • 普通に攻撃がヒット
  • アイテム使用
1
  • 弱点(WEAK)がヒット
  • CRITICALがヒット
  • 仲魔の交代(CHANGE)
  • 次の仲魔へ(PASS)
0.5
  • 攻撃が回避される
  • 攻撃を無効化
2
  • 攻撃吸収/反射
  • 逃走(ESCAPE)の失敗
  • 悪魔交渉の失敗
全部



マガツヒスキル

マガツヒスキル

マガツヒスキルは、真・女神転生5で新たに追加されたバトルシステムです。
バトル中、味方の行動により、画面右上にある赤色ゲージ『マガツヒゲージ』が徐々に溜まっていく。
マガツヒゲージが満タンになると、特殊技『マガツヒスキル』が使えるようになります。
いわゆる一発逆転を狙える必殺技のようなものです。


マガツヒスキルの種類は様々で、大ダメージを与える物理攻撃、属性攻撃、補助、回復など、
様々な効果を発揮するものがある。
マガツヒスキルは主人公だけでなく、その悪魔独特のスキルも存在します。


敵がマガツヒを集めて、マガツヒゲージを溜めた強力な攻撃を繰り出すこともあり、
次のターンになってくると使用してくる。
場面に応じて、マガツヒスキルを効果的に使い、戦略性の広がるバトルを楽しめるのが特徴。
バトルで有利に進めるため、タイミングを見て使用していきます。



バトルリザルト

バトルリザルト画面

バトル後は経験値、マッカ、アイテム、遺物などを入手します。
経験値を一定量まで溜めるとレベルが上がり、悪魔などはステータス上昇のほかに、
新たなスキルが解放されたりもする。


主人公がレベルアップすると、任意で各ステータスを割り振りできます。
また、たまに主人公がレベルアップしたときに、仲魔がアイテムをプレゼントすることもある。



悪魔との会話、悪魔合体

悪魔交渉

悪魔と交渉して仲魔に加える会話

バトル中は、『TALK』で悪魔と会話をすることができます。
会話の内容は悪魔によってそれぞれ異なるので、基本的には相手のタイプに
会話を合わせる選択肢を選ぶと、仲魔になってくれたり、アイテムをもらったりするケースが多い。
月が新月満月のときは、悪魔が興奮しているので会話にならなかったりします。


■悪魔との会話のコツ
  • 相手の口調を見て、それぞれ良いパターンと、悪いパターンを見ていくといい。
    基本的には、相手を怒らすような会話は避ける。
  • 悪魔のレベルより、圧倒的に主人公のレベルが高いと仲魔になりやすかったりする。
    主人公よりも悪魔のレベルが高い場合は仲魔にはならず、
    アイテムをあげたり、ステータスを回復してバトルから去ったりします。
  • ダーク系の悪魔は、狂暴な口調で、何を言っているのか分からず、
    なかなか仲魔に加わる率が低いかと思う。
    攻撃して瀕死にしたりすると、命乞いをしたりして仲魔になるケースなどもある。
  • 特定の悪魔を味方に連れている場合、敵悪魔と特殊な会話が発生することもある。
    縁が深い悪魔同士で起こるものもあるようなので話しかけてみるといい。
  • すでに仲魔にいる悪魔に話しかけると、同族のよしみでアイテムをくれたり、
    ステータスを回復してくれることがある。
  • ボス系の悪魔は会話しても仲魔にはならない。



悪魔合体

悪魔合体で作ったジャックフロスト

仲魔にした悪魔は、邪教の世界にて悪魔合体を行い、新しい悪魔を生み出すことができます。
仲魔になりにくい悪魔は、悪魔合体で作るという方向性になる。
主人公の現在のレベルよりも、さらにレベルの高い悪魔は作れません。


素材となる悪魔2体を合体させるので、使用した仲魔は失います。
2身合体の他、ある条件を満たすと解禁される特殊合体なども行える。
悪魔合体ではスキル継承や写せ身合体を行うこともできるので、
自分だけの最強悪魔を作り出せます。


■悪魔合体、神意のメニュー
  • 悪魔合体:悪魔同士を融合させ、新たな悪魔を創造する禁断の秘術。
    • 2身合体:手持ちの2体の仲魔を合体させ、新たな悪魔を作り出す
    • 逆引き合体:手持ちの仲魔から作り出せる悪魔を教えてもらう
    • 逆引き全書合体:手持ちの仲間一覧から教えてもらう
    • 特殊合体:特別な形で仲魔を組み合わせ強力な悪魔を作り出す
  • 悪魔全書:今までに仲魔にした悪魔が記されし邪教の魔導書
  • 神魔の儀:神と悪魔の力をほしいままにする禁断の儀式。
    • 神意の習得:神の御厳を行使して神意を習得する
    • 写せ身合体:悪魔の写せ身に宿されし力を継承する