更新日:

真 女神転生5(メガテン5)のストーリークリア後の追加要素まとめ。
引き継ぎ可能な『新生』『転生』の周回プレイモードについて解説してます。


クリア後について

クリアデータを引継いで周回プレイ

真 女神転生5のメインストーリーを最後まで攻略後は、クリアデータをロードして、
一部のデータを引継いだ状態で周回プレイをすることができます。
以下の2つのモードを選択して周回プレイを行える。
周回プレイでしか仲魔にできない悪魔や、取得できない神意などもあります。


■新生

新生は悪魔全書や敵のアナライズ状況など、周回によるメリットは得られながら、
難易度が大きく変わらない要素を引き継げるモード。


  • 敵のステータス情報
  • 悪魔全書
  • 合体制限の解除
  • 一部の神意
  • ナホビノのレベルは初期化される
  • 連れてた仲魔はいない
  • マッカや持ち物が無し

■転生
真女神転生5の最初のバトルシーン ▲最初のチュートリアルバトル時点で、クリアした時の仲魔がいる

転生は主人公のレベルや所持スキル、すべての仲魔、マッカ、アイテムなどを引き継ぎ、
再びストーリーを最初からプレイすることができるモード。


  • ナホビノのレベル、能力(神意も含む)
  • 仲魔
  • マッカや持ち物(貴重品は除く)
  • 御厳



その他、周回プレイの要素

ミタの龍穴でソピアーに初めて会ったときから、以下の神意が追加されます。


■神意の追加
  • 話神の威光:会話相手の悪魔が、たまに無条件で仲魔に入るようになる(御厳10)
  • 話神の高み:ナホビノのレベル以上の悪魔を会話で仲魔にできるようになる(御厳10)