用語一覧

女神転生シリーズ

女神転生シリーズは、1987年9月11日にファミコンで女神転生1が発売され、
後に『デビルサマナー』『ペルソナシリーズ』といった派生ソフトが制作された。


真・女神転生シリーズは、1992年10月30日にスーパーファミコンで発売されて、
今作で真・女神転生5が発売されます。
ナンバリングではあるものの、続編ソフトではなく、それぞれナンバリング毎に
登場するキャラクターや舞台・ストーリーは異なり、登場する悪魔などは共通している作品です。


■真・女神転生シリーズ一覧
  • 真・女神転生(ナンバリング):1992年10月30日:スーパーファミコン
  • 真・女神転生2(ナンバリング):1994年3月18日:スーパーファミコン
  • 真・女神転生if...:1994年10月28日:スーパーファミコン
  • 真・女神転生デビルサマナー:1995年12月25日:セガサターン
  • 真・女神転生デビルチルドレン(赤/黒):2000年11月17日:ゲームボーイ
  • 真・女神転生NINE:2002年12月5日:Xbox
  • 真・女神転生3(ナンバリング):2003年2月20日:PS2
  • 真・女神転生3 マニアクス(3の追加版):2004年1月29日:PS2
  • 真・女神転生STRANGE JOURNEY:2009年10月8日:ニンテンドー3DS
  • 真・女神転生4(ナンバリング):2013年5月23日:ニンテンドー3DS
  • 真・女神転生4 FINAL(4の追加版):2016年2月10日:ニンテンドー3DS
  • 真・女神転生DEEP STRANGE JOURNEY:2017年10月26日:ニンテンドー3DS


悪魔

世界各地では神々や妖怪、天使など不思議な伝承が伝わるが、
女神転生やペルソナシリーズでは善悪に関係なく、それらを『悪魔』と総称してます。
そして悪魔を仲間にすることを、『仲魔(なかま)』と呼び、
悪魔が住む世界を『魔界』と称している。


メガテンシリーズにおける神は、宇宙やすべてを含めた創造主のことを指している。
「具体的に神とは誰なのか?」と、明確にキャラクターとして登場している感じではなく、
天使や悪魔たちの会話の中で神が語られている存在。
真・女神転生5では、神と敵対するルシファーが「汝らの崇める神は死んだ」と言っている。


魔人

女神転生シリーズにおける魔人は、特定の場所で低確率で出現するような
レア系悪魔のような位置付けの敵として登場します。一般のボスなんかよりもずっと強い。
真・女神転生3マニアクスでは、ユダヤ教などの典礼具の一つであるメノラー(燭台)の奪還で、
魔人たちがメノラーを巡って襲いかかって来たが、それが貴重なものなのかどうか明らかになっていない。


マッカ

マッカ(魔貨)は、女神転生やペルソナシリーズの通貨。
人間の住むところではお金を使用しているが、魔界ではただの紙くずのようなもの。
マッカは悪魔との会話で交渉するときに使用したり、アイテムを売買するときに使用する。


ダアト(魔界)

ダアト

ダアト(Da'at)は荒廃したもう一つの世界で、砂漠のような風景が広がる。
そこには悪魔たちがおり、山のように大きな魔人や、空を羽ばたく巨大な怪鳥がいる。
主人公は下校中にトンネルの崩落事故をきっかけに、ダアトへ行くことになります。
人間たちは『魔界』と呼んでいるが、悪魔たちは『ダアト』と呼んでいる。


ナホビノ

ナホビノとは禁忌の存在。古き神の姿。
存在そのものが主への冒涜であるというアブディエルがいう。
ダアトで目覚めた主人公が悪魔に追われて、謎のアオガミと融合することで、
禁忌の超常の力を得る。それにより悪魔と戦えるようになった。


アーマーのような姿で、髪はロン毛になり、目が光っているなど、外見も変わる。
意思決定は主人公にあり、アオガミは声のみで主人公をサポートする。


縄印学園高等科

縄印学園高等科

縄印学園高等科は、東京・品川にある全寮制の高校。
主人公たちが通っている学校です。
校章は六芒星にトカゲのデザインをしており、
制服は男女共に、白色の花のデザインが描かれている。


マガツヒ(禍つ霊)

マガツヒ(禍つ霊)は赤色の精神エネルギー、霊力、氣のようなもの。
真・女神転生3では生きてる者に苦痛を与えたりすると、身体からマガツヒが放出される。
悪魔はそれを欲しがっており、マグネタイトに近い存在といえよう。
真・女神転生5ではバトル中にマガツヒを溜めて、強力なマガツヒスキルを繰り出せる。


悪魔召喚プログラム

女神転生シリーズを通して登場する悪魔召喚プログラムは、
コンピューター上でプログラム化して、悪魔との会話における翻訳や、悪魔召喚などを制御している。
その他、便利なアプリを追加して、マップ表示や悪魔の出現率だったり、
シリーズによっていろいろな機能を持つ。


ベテル

『ベテル』とは旧約聖書に出てくる地名で、『神の家』を意味する。
ベテルは、ダアトでは伝説の悪魔達が闇から目覚め、東京と人間たちを狙っているので、
その悪魔たちに対抗する組織です。人間は悪魔召喚プログラムを使って、悪魔たちと戦っている。


またベテルは日本支部、エジプト支部、インド支部、ギリシャ支部、北欧支部と
世界各地に組織があります。


ベテルは創造主がこの世界を統治するために作った組織。
しかし創造主が破れ、各国の神と信徒が支部という形でしたがっている。
ベテル日本支部は東京の終わりの戦いで、戦える者を多く亡くし、兵力はほぼ無いような状況。



知恵の実の神話

かつて人が知恵を持つ遥か昔に、世界を統べる王座に法の神がついた。
他の神々が王座に近づけないように、彼らから知恵を奪い取り、
知恵を失った神々は悪魔となった。
そして奪われた知恵は、知恵の樹に実る『知恵の実』として楽園で管理された。


ある時、1匹の蛇が楽園に現れて、「この楽園にある知恵の実を食べろ」と人を誘惑した。
蛇の狙いは再び神々の争いを引き起こすことにあり、
利用されているとも知らない人々は、楽園にある知恵の実を一斉に食べてしまった。


食べた実は魂と結びつき、人は神に近づいた『人間』になりました。
それを知った法の神は激怒して、人間を楽園から追放した。


東京

シャカイナグローリーの東京

東京は18年前に一度滅びている。それは世界に混乱を招きかねない事態で、
創造主は奇跡『シャカイナグローリー』を用いて東京を復元した。
その後、創造主が倒れ、シャカイナグローリーの効果も消えてきて、東京の終わりが近づいている。