『鉤縄』の概要

『鉤縄』のマップ
褒美 噂の伝播 大
鉤縄
発生条件 竜三之譚』を攻略後に発生する。
目標 小松にいるゆなに会え。
内容

金田城から叔父上を救い出す手筈が整いつつある。
石川先生、政子殿、竜三と菅笠衆が助太刀を約してくれた。
残るは城の壁を越える道具のみ。まずは小松でゆなと話してみよう。



小松にいるゆなに会え ~ たかと話せ

■攻略項目

  • 小松にいるゆなに会え
  • ゆなと話せ
  • ゆなと共に鍛冶場に行け
  • たかと話せ

小松にいるゆなに会え、ゆなと話せ

ストーリーが進行する小松の鍛冶場の様子

メインストーリー『竜三之譚』を攻略後、地図に仁之道アイコンが表示されます。
小松の鍛冶場にいる、ゆなに話しかけるとストーリーが進行する。


ゆなと共に鍛冶場に行け、たかと話せ

ゆなについて行き、たかがいる鍛冶場へ向かう。
たかから『鉤縄』を受け取ります。



竜三と話せ ~ 菅笠衆と共に矢立砦へ向かえ

■攻略項目

  • 竜三と話せ
  • 竜三のあとを追え
  • 菅笠衆と合流しろ
  • 竜三と話せ
  • 菅笠衆と共に矢立砦へ向かえ

竜三と話せ、竜三のあとを追え

竜三との会話の選択肢

鉤縄を入手すると、竜三が境井仁を呼ぶので、外へ出て話を聞く。


仲間の菅笠衆が捕まったそうで、助けに行くため、馬に乗って竜三について行く。
道中では竜三との会話で選択肢が発生します。


菅笠衆と合流しろ、竜三と話せ

竜三について行くと菅笠衆がいるので、近づいてカットシーンを見る。


菅笠衆と共に矢立砦へ向かえ

矢立砦が見える風景

カットシーン後、再び馬に乗って竜三について行く。
少し道なりに進むと、自動で矢立砦近くに到着します。



崖に行け ~ 崖を登れ

■攻略項目

  • 崖に行け
  • 崖を登れ

崖に行け、崖を登れ

鉤縄で崖を登る様子

次の目的地へ行き、鉤縄の使い方のチュートリアルになります。
鉤縄の使い方は、足場のない所へジャンプして、空中でR2を押す
鉤縄を木の枝に引っかけて振り子のような状態になるので、
前方向+×ボタンで奥側の足場へ飛び移ります。


鉤縄で崖を登るシーンその2

次のエリアでは、切り株に鉤縄を引っかけて、崖をよじ登ります。
そんな感じでエリア奥まで進んでいく。


鉤縄で崖を登るシーンその3

壁の隙間を通り、崖をよじ登り、再び鉤縄を使用して進んでいく。


鉤縄で崖を登るシーンその4

次のエリアも鉤縄と壁よじ登りを駆使して、矢立砦が見える位置まで向かいます。



捕まった菅笠衆を救え×6 ~ 蒙古兵を倒せ

■攻略項目

  • 捕まった菅笠衆を救え×6
  • 竜三に合図を送れ
  • 矢立砦の門を開けろ
  • 蒙古兵を倒せ

捕まった菅笠衆を救え×6

捕虜が捕まっている檻

蒙古の拠点には、蒙古兵が巡回している。
竹で組んだ檻が3箇所あるので菅笠衆を救出します。


収集品 備考
蒙古の品『吊り水袋』 テント外で入手できる

■攻略ポイント

最初に到着したところから、鉤縄 → 近くにある見張り櫓 → 鉤縄 → 高岩へ飛び移ると、
周辺を見渡せる所へ到着します。
そこの高岩で戦うといい。蒙古兵は岩を登って来れないので、
下層へてつはうを投げたり、弓で攻撃したりと、一方的に攻撃できます。


鉤縄で行ける高岩の場所

竜三に合図を送れ、矢立砦の門を開けろ

門横の狼煙の場所

門の横に狼煙があるので打ち上げて、竜三たちに知らせる。
そして側にある門を開けます。


蒙古兵を倒せ

門を開けて蒙古兵とのバトルシーン

門を開けると、次のエリアに竜三たちと戦う蒙古兵たちがいる。
蒙古兵の人数は多いが、てつはうでまとめて攻撃すれば簡単に倒せます。
バトル後、鉤縄が攻略される。



↑TOP