和歌について

ゴーストオブツシマの和歌を詠んでるシーン

稽古台は、全部で19箇所存在する収集品の要素の一つです。
入手した収集品は、メニュー → 収集品 → 探索 → 和歌から確認できます。


武士にとって、和歌とは観察眼と想像力を鍛えるための鍛練だ。
静かな場所を見つけ、心を慎めて和歌を詠めば、
新たな鉢巻きが手に入る。


和歌を詠める場所を調べると、風景画面で右スティックを動かして、
歌のフレーズが表示される箇所を選び、○ボタンを押して歌を完成させる内容です。
歌の良し悪しは関係ないので、自分の好きなフレーズを選んでいきます。



和歌を詠める場所一覧

和歌 褒美 場所
日吉の歌
(日吉の湯)
静穏の鉢巻き

ストーリー『石川之譚』で行くことになる日吉の湯にて、
崖上の岩ところに茶坊主の百姓がいる。まず百姓に話しかけ、
その後すぐ近くにある崖のところで和歌を詠めます。

有明の歌 流民の鉢巻き

黄金寺から北にある、厳原湖の中央で和歌を詠めます。

日吉の歌
(空海の滝)
平和の鉢巻き

空海の滝付近で和歌を詠めます。

小茂田の歌 敗北の鉢巻き

若子の滝付近で和歌を詠めます。

樫根の歌 恐れの鉢巻き

小松の中央やや西側で和歌を詠めます。

小松の歌 衝突の鉢巻き

小松の鍛冶場から西ある、黒砂の入り江で和歌を詠めます。

豆酘の歌 死の鉢巻き

豆酘の逃亡者の壁から南西で和歌を詠めます。

浅藻の歌 襲来の鉢巻き

有明・久田の平原から南東で和歌を詠めます。



↑TOP