ブラックジャックのプレイスポット

ブラックジャックをプレイできる場所のマップ
■ブラックジャックをプレイできる場所
  1. ヴァンホーン交易所の酒場
  2. ローズの酒場2階
  3. ブラックウォーターの酒場2階

ブラックジャックはチャプター2から、上記の場所でプレイできるようになります。



ブラックジャックのルール

ブラックジャックの基本的なルールについて

ブラックジャックをプレイしている画像

ブラックジャックとは、ディーラー(親)とプレイヤー(子)による
1対1で勝負するカードゲームです。
配られたトランプの合計数を『21』に近付けるのが目的となる。


■ルール
ブラックジャックのカードの数字

  • 数字のカードはそのままで計算され、絵札(J,Q,K)は『10』として数えられる。
  • Aは『』として数えられるが、合計数が11を超えてない場合は『11』として数えられる。
  • 合計数が『21』の数字を『ブラックジャック』と呼び、この数字が一番強い。
  • 合計数が『21』を超えた状態を『バスト』と呼び、負け確定。

■ゲームの流れ
  1. 全員に2枚トランプが配られ、チップを賭ける。
  2. その得点で勝負するか、カードを引いて合計値21を目指す。
  3. ディーラーのカードの得点と勝負になる。

ヒット カードを1枚引いて手札に追加する。
スタンド

カードを引かないで、現在の合計数で勝負する。

スプリット

最初に配られた2枚のカードが同じ数字だった場合に選択できる。
手札を二組に分けて持つことになる。ベットは2倍になる。

ダブルダウン

最初に配られた2枚のカードを見た後に、賭け額を2倍にできる。
ただし、強制的に1枚カードを引くことになる。

インシュアランス

ディーラーの見えているカードが『』の時に選択できる。
賭け額の半額を保険として追加する必要がある。
ディーラーがブラックジャックだった場合、賭けたチップは没収されるが
保険料の2倍が支払われ、保険料が戻ってくる。

シックスアンダー

HITしまくって手札が6枚になり、
バストしてなければプレイヤーが勝利する。

イーブンマネー

ブラックジャックが完成した状態でインシュアランスのベットから始まり、
その時点で最大インシュアランス額をベットすること。
ディーラーのブラックジャックの有無に関わらず1:1の配当を確実に獲得できる。


初めにブラックジャックをプレイするにはベットが必要になる。
納得のいくベット額を選んだら、カードが2枚配られる。


21に近づけるのが目的で、これを越えてはならない。
R2で手札のカードを確認して。自分の役に自信があるならスタンドすればいい。
ディーラーがバストしたり、自分の手がディーラーよりも良かったら勝ちになります。
自分の役がディーラーと並ぶとプッシュとなり、引き分けになる。


ディーラーは16を超えない限り、強制的にカードを引くことになる。
17以上になるとスタンドする仕様。


21を超えるとバスト。賭けたチップは没収になる。
2枚のカードでブラックジャックだった場合、支払い比率は3:2となる。



↑TOP