キャンプ

レッドデッドリデンプション2のキャンプ画像

キャンプに食料や物資を調達して、チームの結束力を上げる

レッドデッドリデンプション2で新たに導入されたゲームシステム『キャンプ』では、
食事、睡眠、雑務、ゲーム、会話をすることができます。


ダッチギャングは様々な圧力から逃げているので、各地でその場しのぎのキャンプを設営している。
彼らにとって拠点の存在となり、強盗ばかり行うのではなく、生きていくためにキャンプも行う。
複数個所にキャンプを設置する感じではなく、ストーリー進行で移動していく。


キャンプでは呑気に過ごすのではなく、プレイヤーはキャンプに食料や物資を支給することになる。
それは義務化されたものではないが、支給に奔走することでチームの士気を上げて団結力を維持できたり、
他のメンバーと一緒に過ごすことで新たな秘密が判明したり、悪さのチャンスが得られたりします。



ダッチギャングの士気が上がれば、キャンプではメンバーたちが歌ったり踊ったりと、
皆明るい雰囲気で思い思いの時間を楽しむようになる。
逆に食料が足りなくなると、「次の飯はどうしよう」と怒ったり、
ブツブツと不満を呟くようになりチームの士気が下がる。


アーサーは食べたり、眠ったりする要素もあるので、時間が経てば空腹になって疲れてくる。
食事を抜いたり、眠らなかった場合は、HPやスタミナが回復しない。
そうするとアーサーの疲労が蓄積して、画面がボヤけたりするようになる。


食事や睡眠で、HP・スタミナ・デッドアイゲージが回復する。
ちなみに極端なことはないが、食事ばかりしてるとアーサーの体重も増えるそうです。
キャンプは投資してアップグレード可能で、ファストトラベルや馬の復活などのオプションがある。



交流

アーサーがNPCと交流している画像

NPCと交流して敵対したり、友情を築くことができる

レッド・デッド・リデンプション2の新しい要素では交流がある。
容易に人々と話ができるシステムで、キャンプではダッチギャングのメンバーと
濃いコミュニケーションができるが、知らないNPCと交流をすることもできます。


挨拶をしたり、友好・無礼な態度を取ったり、殴ってみたり、銃で脅してみたりと、
L2を押すと相手をロックオンして会話の選択肢が出る。
選択肢は様々あり、無法者や保安官など相手によってとれる行動が変わります。


例えば一般人に銃を向けたりすると、驚いて縮み上がったり、銃をしまうように要求するが、
相手が保安官だったりすると挑発したり、銃で反撃してきたりします。
こういった行動は前作からあった名誉レベルにも影響を与え、アーサーの評価を左右する。
そしてNPCはアーサーがとった行いを記憶する。


名誉システム

名誉システムは前作でも存在してたが、基本的には一般市民を助けて善行動をしたり、
警官を射撃して悪行動をしたりすることで、善悪のゲージがかたよる。
善人として生きるか、悪人として生きるかはプレイヤー次第です。


アウトローな生き方をすれば警察や賞金首に追われるが、
相手を脅しやすくなったり、悪人から犯罪計画を持ち掛けられたりする。
善人で生きれば賞金首の依頼を受けて金を稼いだりと、メリットやデメリットはそれぞれあり、
レッドデッドリデンプション2では前作よりも複雑なシステムになっている。



狩猟、魚釣り

野生動物を狩る!

アーサーが弓矢で動物をハンディングしている画像

Red Dead Redemption2のオープンワールドでは、
豊かな大自然と生態系が広がっており、さまざまな野生動物が存在している。
食料の調達は盗みや略奪で入手することもできるが、ギャング全員を養うには量が微妙だ。
そんなときは野生動物を狩った方が、効率よく食料を調達することができます。


野生動物は鳥、鹿、ウサギ、熊、ワニ、魚などがいる。
鹿がいるとすればステルス移動で静かに接近し、口笛を吹いて鹿の注意をそらしたり、
弓矢で射って食料を調達することができます。


臭いで気づかれないように注意深く動いて風向きを見るか、警戒しながら獲物に注意を払おう。
動物の血痕などから、逃げた場所を特定しながら追跡もできる。
両スティックを同時押しすると、イーグルアイビジョンモードでターゲットが強調されて追跡しやすくなる。
狩った動物の死体はミニマップ上に×印で表示される。


■野生動物は200種類ほど生息している
アメリカバイソンやトカゲの画像

野生動物たちは、環境に合わせて個々に反応して行動を起こします。
それは実際の動物のように、群れで行動したり、魚は上流へ向かって飛び跳ねたり、
危機が迫ると死んだふりをする動物など様々。
レッドデッドリデンプション2には、動物・鳥・魚などが生息しており200種類ほどにもなる。



魚釣り

レッドデッドリデンプション2で釣りをしている様子の画像

川や湖では様々な魚が生息している。
魚の種類に合わせて、適切なエサとルアーを選ぶことが釣り攻略の鍵となる。


獲物は食料にしたり、店で売ってお金にする

狩りは食料調達だけではなくお金も獲得できる。
動物の革などを店で売れば、現金と交換してくれます。
銃で野生動物を仕留めた場合は、店で売るときに価値が下がる。
銃でボコボコにするよりは、弓矢で1発で急所を仕留めたほうが高く売れる仕様。


死んだ獲物は時間が経過すると腐ってくる。真昼間の直射日光ではすぐ腐敗します。
なので肉が腐る前にダッチギャングの調理師に肉を届けたり、店で売り払いたい。
肉屋に獲物を売るときも、腐敗が進んでいない状態だと高く売れる。


腐敗を遅らせるために、カバンにしまうことで腐敗を遅らせることもできる。
肉は腐ったまま放置しておくと、ハエとか狼などを引き寄せたりする。



馬には種類があり、移動用途の他に荷物も運べる

Red Dead Redemption 2の馬

馬は前作のように呼べばすぐ来る乗り物というだけでなく、
狩った野生動物や武器など、重い荷物を乗せて運んだりと、馬の重要性が増している。
今作はたくさん武器を持てる感じではないので、持っていく武器・道具を選んで馬に乗せることになる。


単に馬の能力値が高いか・低いかといったことではなく、特定の仕事や役割に適した馬類もいます。
馬は19品種おり、毛色・毛並みによる種類は59種類存在するそうです。
例えばレース用とか農耕用、運搬用など適した馬がいる。


馬から降りると馬はじっと動かないが、口笛を吹けば馬を呼び寄せることができる。
馬との距離が一定以上離れて距離が開くと呼べなくなる。
それと馬には、前作からあるライフやスタミナの概念もある。
道ではない所を走行すると、馬のスピードは若干落ちます。


今作には馬具も用意されており、『鞍、ホーン、あぶみ、拍車』をカスタマイズして、
馬のパフォーマンスを向上できる。また馬に名前を付けることもできます。
たてがみや尻尾のスタイルも変えれることが可能。
絆を高めれば移動面だけでなく、芸も披露できるようになる。


馬と触れ合い、フレンドリーな関係を築ける

RDR2のアーサーと馬の画像

レッドデッドリデンプション2では、馬との接し方により絆が芽生える仕様。
馬の毛づくろいをしたり、撫でたり、エサを与えたりして、
長い時を共に過ごすことで馬との絆が深まっていく。


絆を深めることで積み荷の量が増えたり、緊迫した銃撃戦においても
馬を落ち着かせてコントロールしやすくなるメリットがある。
逆に訓練や愛情の足りない馬だと、行動が予測しにくく、冷静さに欠ける動きをしてしまう。



ガンファイト

進化したレッドデッドリデンプション2の銃撃戦!

レッド・デッド・リデンプション2のガンファイト画像

Red Dead Redemption2での銃撃戦はGTA5のガンファイトを改善・進化させて、
プレイヤーの動きも前作よりレスポンスの良いものに改良されている。
モーションだけでなくカメラの動きにしても、エイミングしなくとも左右へ動くだけで
敵にフォーカスしやすくなりました。


最も今作で特徴的なのはプレイヤーが独りで戦うのではなく、頼れるダッチギャングがいる。
仲間たちと連携して援護に回りながら銃撃戦を行ったり、
状況に合わせた判断や武器選択で、より本物らしいガンファイトができる。
ターゲットを一人づつ倒したり、早撃ちでも戦うことも可能。


エイミングはPS4版のGTA5にもあったタッチパッドを押すと、カメラ視点をTPS(三人称視点)、
またはFPS(一人称視点)へ自由に切り替えすることができる。


武器にはそれぞれ特徴があり、リアルなリロードや反動を通じて、
プレイヤーは銃撃戦の没入感を味わうことができます。L1を押すと武器ホイールを出せる。
銃撃戦では拳銃やライフルがメインウェポンになる。
R2を押すと素早く腰撃ちする。


デッドアイについて

レッドデッドリデンプション2のデッドアイ発動シーン

前作からあった動きをスローモーションにする『デッドアイ』は、瞬間的に複数の敵を狙いうちできる。
デッドアイゲージを消費して、短時間使用できる必殺技のようなものです。
デッドアイを発動させると画面全体がセピア色になる。
デッドアイゲージは、食料や強壮剤・タバコなどを使用すれば回復したりできる。


レッドデッドリデンプション2のデッドアイシステムはアップグレード可能で、
ゲームを進行させていくと機能が追加される。時間をスローにする機能だけでなく、
敵の弱点となる心臓・脳・肺などを突き止めてペイントする機能や、
ターゲットの敵に自動で照準を付けて弾丸の雨を降らせたりと、快適にプレイできるようになる。



武器

Red Dead Redemption 2の二丁拳銃のデザイン

銃は使い続けれると性能(威力や命中率など)が良くなるが、手入れを怠ると性能が低下してくるので、
劣化を防ぐためにガンオイルを注いでメンテナンスをしなければいけない。
鉄砲屋などでメンテナンスを行い、油で銃の手入れをすればステータスが戻る。
銃が劣化するスピードを遅くするホルスターなどのアイテムも存在します。


片手で装備できるピストル、リボルバー、片手用のソードオフショットガンなどは
ホルスターに収納して携帯できる。逆手ホルスターなどがあれば二丁拳銃も可能になる。
重量の重い武器は、馬の鞍に積んでおける。


GTA5のようにL1を押すと武器ホイールを開いて、所持している武器を選択できる。
R1を押すとアイテム・双眼鏡・バンダナなど、ゲームに役立つサポートアイテムを開ける。
L1を2回押すと銃を振り回したりできる。


■武器のカスタマイズについて
銃を手入れしている画像

武器の種類は50種類以上存在し、武器はカスタマイズ可能。
鉄砲屋で見た目的な装飾のアップグレードから、バレル・グリップ・照準器・スコープなど
アタッチメントを取り付けて武器性能を高めたりと、望むようにユニークウェポンを設計できる。
武器はダメージ力、射程距離、連射速度、精度、リロード速度はそれぞれ異なります。


金属部品や細工は部品毎にカスタマイズできる。
用心金、バレル、フレームなどいろんな部品があって色変えも可能。
細工に埋め込む金属部品なども豊富に用意されている。


弾薬にも種類があり、スプリットポイント弾、高速弾、炸裂弾などがある。
弾薬は素材を使用して自分で作成したり、店で購入したりして入手します。



コスチューム

アーサーの衣服は、帽子、ベスト、コート、ブーツ、ズボンなどの項目がある。
服装は寒い場所ではスタミナに影響が出るので、暖かい服装をしなければならない。
衣服もカスタマイズ可能で、服の袖をまくったり、ズボンをブーツの中に入れたりできる。
時間が経過すれば、アーサーは自然と髪やヒゲも伸びてくるので、床屋・風呂場で切る。


アーサーの服は、血や泥だらけになったりして汚れたりするので、
0.25$支払ってホテルへ行き、バスタブを利用すれば着ている衣服も綺麗になる。
ちなみにアーサーの髪の毛やヒゲを切ったりもできる。
衣服が血や泥だらけだったりすると、周囲にいるNPCから受ける反応も変化する。


帽子は地面に落としたりすることもあるので、
帽子の近くで□ボタンを押せば疲労ことができる。
落とした帽子はミニマップ上にアイコンとして表示される。



HUD関連

ゲームのミニマップなどは、左下隅に普通のサイズで置いたり、
コンパスを縮小させてみたり、HUDを非表示にしてみたりと設定で切り替えれる。
HUDはアーサーのライフ、スタミナ、デッドアイのゲージが表示されている。
馬に乗ると、馬用のライフ、スタミナも追加表示される。


マップ上には目的地を設定できる。
ウェイポイントを設置すると、赤ラインが道に表示されます。


ムービーを見ている時は、カメラアングルを切り替えて観れる。



↑TOP