ゲーム攻略マンのファイナルファンタジー15の攻略日記

ChinaJoy 2016

ChinaJoy 2016

ChinaJoy(チャイナジョイ)は、2016年7月28日~31日に中国・上海で行われたゲームショウ。
まあ、日本で言えば東京ゲームショウみたいなものです。

ChinaJoyは今年で14回目を迎え、去年の来場数は27万人くらいで、出展社数は700社。
アジア最大のゲームショウと言われているが、TGSの来場数もそのくらいなのでどうなんだろうな。


国営放送のCCTVニュースを眺めると、今年のChinaJoyはVRがメインだろうか。
まだ日本ではPSVRが発売すらしていないが、中国ではすでに独自のVR技術が進み、
アトラクション風に遊べるまでに進んでいる。


最初のシューティングVRのやつは、小さいスペースでシューティングゲームを遊べるように開発したもの。
あの会社ではデバイスとアルゴリズムの開発、パッケージ事業の問題解決方法を提供している。
二週間で500セット以上販売したそうで、VR部門は競争力が激しく好景気なんだとか言っている。


あとはプロゲーマーによるトーナメント戦とかやってる模様。
プロゲーマーの対戦は、あのスン会長がウェブサイトを運営して大会の様子を放送している。
トッププレイヤーにもなると、少なくとも1年で15回出れるぽい。
日本ではプロの土壌が進んでいないので格ゲーやFPSにしてもアレだが、中国では盛んなんだな~


ChinaJoyでのFF15最新動画

7月27日に行われたPlaystation ConferenceでのFF15の動画。田畑Dがプレゼンしてます。
中国語でファイナルファンタジー15は『最終幻想15』というタイトル名だったのか…。
意味は伝わるが少し露骨なタイトルだな。


田畑Dのプレゼンは昔から言ってたFF15は挑戦者だとか、親子の絆とかそういった系統の内容だった。
FF15のPVは、ノクティスがチョコボを枕に一緒に寝ている光景が微笑ましい (´ω`)
ボートは割りとデカいな。シドニーがトラックに乗り込むシーンには、実はモーグリが飾られてたんだな。


アダマンタイマイとのバトル

最新PVの鳥モンスターとの空中戦が凄いな! あんな感じのスピーディーなバトルがいいな。
アダマンタイマイらとのバトルは、今回は目を集中攻撃しまくる感じのような。
ノクトが小さすぎて見えづらい…。てか、FF13シリーズより5倍ちかく巨大化してないか!?


FF15 VR EXPERIENCE

こちらはChinaJoyで体験プレイできた『FF15 VR EXPERIENCE』の動画。
開幕のローディングが少し長いな…。
プレイヤーは操作に全く慣れていないので、めっちゃ寒いプレイになっている…。
首は動かさないで、右スティックでカメラアングルを動かせるのかどうか気になります。


遊んでるプレイヤーは呆れるほど反応が無いため、面白いかどうか微妙に見えるなw
欧米人だと面白い具合にリアクションをするもんだが、アジア人にはむかないもんだな。


FF零式 オンライン

中国が先行サービスで運営される『FF零式 オンライン』の映像です。
初見で見た時、ダメージ数がデカくて長くて邪魔に感じたかな…。
まるでダメージがインフレしてるのか?と思えるほど無駄な数字の羅列。
ビジュアル的に見てどうなんだろうと思った。


クエスト制で手軽にマルチプレイを楽しめそうな点はいいかな。ソロプレイもできるようだし。
右上のキャラクターアイコンを押せばアビリティを発動できるのだろう。
回転して攻撃回避するボタン無いの?とか思いながら見てたが、
全体的にテイルズのようなボコボコバトルかな。やり込み要素はレベル・スキル上げとか。



Ani-Com & Games Hong Kong 2016

Ani-Com & Games Hong Kong 2016

Ani-Com & Games Hong Kong(アニコム&ゲーム香港)は、7月29日より香港で開催されました。
ゲームとかアニメを集めて展示しており、2014年度は参加者数は72万人以上だとかで
規模の大きいイベントになっている。


こちらもVRを使ったアトラクションが流行りのようだ。
今のFPSの反射神経を求められるマウス即クリックの流れも、時代と共に変わってきそうな気もするかな。
VRのデバイスも徐々に小型化し、ゲーセンでは当たり前のようにVRゲーム機が稼働されそうな予感がします。


Ani-ComでのFF15最新動画

ChinaJoy 2016でのイベントが終了し、田畑Dはアニコムへも参加した模様。
主にタイタンの試練のデモ版の解説をしてました。


んー、夜になると見づらいな。「巨大なボス戦は夜にやれ!」と言った見本だろうか。
タイタンの体重が乗った踏み潰し攻撃は、ノクトが特別な力を持っているから対抗できるらしい…。
全体的にパリィの受け止めさえしっかりしてれば、普通に勝てそうな相手かな。
ある程度ダメージを与えると、イグニスがフリーズドライ戦法を編み出すんだろ~



Comic-Con 2016

Comic-Con(コミコン)は、毎年7月か8月上旬頃にアメリカのカリフォルニア州サンディエゴで
開催されている、漫画・映画・ゲームを中心にした集会みたいな約10万人集まるイベントです。
主に開発・俳優インタビューとか、作品のファンらが集まってコスプレをして楽しんでる感じだろうか。
ちなみに2016年12月3日・4日には、『Tokyo Comic Con 2016』が幕張メッセで初開催されるそうです。


8月からはキングスグレイブ FF15が海外でもいよいよ上映されるので、
監督の野末武志氏がいろいろとインタビューに応えてました。
日本では興行収入が1億円超えた後、パタリと映画興行収入ランキングから姿を消してしまったが…
海外での反応が気になるところだな。


キングスグレイブで王の剣のメンバーのリベルトクロウ役のインタビュー。
声優と3Dスキャンモデルの両方行ったので、リアルリベルトとリアルクロウです。
クロウ役の俳優は、初めてファイナルファンタジーをプレイしたのはFF7だそうだ。
「コスプレしたい」とか言ってるけど、衣装とヅラ用意すればまんまキャラになれるんじゃね。



感想

中国ではFF15がいつ頃発売するのか謎だが、出来る限り最速でローカライズして
販売するとか言ってたので、日本発売よりは少し遅れるんだと思った。
まあ海外は割れ対策を考えると、少し送られせてから売ったほうが利益を見込めそうだけどな…。
発売時期に開きがあれば、どうせ日本語か英語版を買うだろ。


あとファミ通のほうで10年前の頃の田畑端Dの取材写真が発掘されたそうだw
田畑Dって…昔と今の印象は、全然違ってたんだな~


んー、「インディーズバンドのメンバーでアコギやってます!」みたいな感じか。
どこなくおばさん的なキャラにも見えるし、
なんか仕事中にアメ玉とかアルフォートを舐めながら仕事してそうな雰囲気を感じるわw



↑TOP