ゲーム攻略マンのファイナルファンタジー15の攻略日記

改めて創星記絵画の謎や召喚獣を考察する

■創星記絵画の内容

邪悪なるもの 瘴気を招き 空を淀ませ 大地を蝕む
勇敢なる王と騎士 「剣」を携え 神と共に戦い 闇を振り払う


久年の平和を祈り 神は人の王に「光耀」を授ける
”魂を継ぎ 聖石を譲り いずれ来る災厄に備えよ”と
創星記 第15章 序の二 災厄の果て より抜粋

今一度、FF15体験版エピソード・ダスカのエンディングで見れる創星記絵画を見てみると
ある程度理解できるようになってきたので、改めて創星記絵画について考えてみた。


女神エトロ

まず一番上にいる天使は女神エトロと言えよう。FF15のロゴにもなってます。
ロゴをよく観察すると、2体のリヴァイアサンがまとわり付いているように見える。
片方だけしか天使の翼が無いように見えるのは、何か理由があるのだろうか?
左側の翼は光ってよく見えないな。翼をクリスタルと指輪に変えたとか考え過ぎだろうか…


アーデンの衣装を確認すると、似たような翼のデザインになっているのが気になります。
片方だけしか翼がないので、これは女神エトロを意識したものだとすると、
アーデンは女神エトロに変わって神にでもなろうという根端か!?
しかも黒色だしな~


ルシス一族

中央で片手を上げているのはルシス王家で、女神エトロより光耀の指輪クリスタルを授かり
与えられた力『ファントムソード』を操っている光景かと思われる。
ルシス王家の側に3名いるのが気になるが、イグニスグラディオラスの祖先とも考えられそうか…


ファントムソードは勝手に動くものだが、姿が見えない亡霊みたいなやつが動かしてる設定かも?
下側に翼のあるローブを着たやつが槍ぽい武器で攻撃している。
ファントム(phantom)とは亡霊とか幽霊とか、そういう意味だしね。
もしくはあれも召喚獣だったりするのかな…


■クリスタル

絶大な魔力を秘めた結晶体。はるか昔に神々から贈られたものらしいが詳細は不明。
FF15開始時あたりではクリスタルは、ルシス王国にあるクリスタルルームで保管されている。
魔法の力は光耀の指輪を介して活用している。


■光耀の指輪

こちらもクリスタルと共に神より贈られたと伝わる指輪。ルシス王家代々に受け継がれている。
指輪をはめることでクリスタルの魔力を自在に扱えるが、資格の無い者がはめると、
ある審査を受けて失格すると燃やされたりする。合格すれば魔法の力を与えられる。
詳しいことはキングスグレイブFF15で見れば分かる。


指輪を装備していなくとも、王の剣のメンバーなど魔法を使える人もいる。
どのようにして魔法を使えるようになったのかは不明だが、
おそらく指輪の資格者・レギス国王が、彼らにも魔法の力を分け与えることができる設定なのだろう。
なのでレギスや指輪を失うと、魔法の力を与えられた者たちも魔法を使えなくなる。

創星記の「勇敢なる王と騎士 「剣」を携え 神と共に戦い 闇を振り払う」の文面からすると、
女神エトロの左右にいる騎士は歴代のルシス国王、もしくは国王に仕える騎士といった辺りか。
「神と共に戦い」とは、召喚獣のことを指しているのかもしれない。
FF13シリーズを考察すると、女神エトロは直接手を貸すのではなく、間接的に何かを与える感じの神だった。


リヴァイアサンなんかは攻撃されてるけど、どの召喚獣も皆協力的ではないのかもしれない。
TGS2016トレーラーを見ると、ルーナの右肩あたりに打撲の傷が見られる。
あれはリヴァイアサンが暴れるもんだから、ルーナが説教している光景かも?



創星記の文章を読み解く

創星記の「魂を継ぎ 聖石を譲り いずれ来る災厄に備えよ」というのは、
ルシス王家は寿命が普通の人より短い、そして聖石とはクリスタルのことを指すはず。
「誰にクリスタルを譲るのか?」といえば、ルシス一族のことになる。
クリスタルで魔力を得ることができるが、代わりに魂(寿命)が削れやすいから譲っていけということか。


そして、いずれまた邪悪なるものが瘴気を招くから「それに備えろ!」という警告的な教えだろう。
瘴気とはFF15の世界では、星の病にかかっていると言ってたので、おそらくそれが関係してるのかも。
その星の病の侵攻を止めるのが神凪であるルーナの役目になる。


邪悪なる者はTGS2016トレーラーなんかを見ると、どうもアーデンあたりが臭いか…。
ノクティスとクリスタルを使って、邪悪なる者を呼び起こそうとしているとも考えられる。
それがニフルハイム帝国にとって何のメリットがあるのかは謎だ。
シガイのように神をコントロールしてしまおうという狙いだろうか!?


ゲンティアナが幼少の頃のノクティスに、
神凪と王は常に共にあるべき二人。この世界を守るという使命のために。」と言ってたので、
どちらかが欠けても使命を果たせなくなり、久年の平和とやらは保てなくなるのだろう。
アーデンやイドラは、それらの事情をよく知ったうえで、何かを企んでいるはずだ。


ps4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION

新型PS4『ルーナエディション』のデザインにもなっているは、FF15でキーワードになっている。
なぜ満月のデザインなのかよく分からないが、星の病と何か関係しているのだろう。


月は地球とお互い引力で引っ張り合っているため、地球は宇宙空間を軌道してられるとか習ったことがある。
もし月がなかったら地球はデタラメに動き、生活できる環境でなくなるらしいがソレのことか!?
もしくは、月の光に瘴気を抑える効果があると考えたほうが自然だろうか…


召喚獣の考察

中央右側にいるのが召喚獣タイタンシヴァラムウ。右下隅にいるのがリヴァイアサンかと。
中央左側にいる二人が謎だがセイレーンぽくも見える。
ただセイレーンは天使ぽい女性だった気がするし、男の方はどこかデビルマン風にも見える。
イフリートが人間風の姿であったことから、あれはディアボロスなのかな…


召喚獣は星を守護する存在。タイタンの試練では、タイタンは背中にメテオを背負っている。
背負っているというよりは、攻撃されて長きに渡りダウンしてたのかも。
星を守ろうとしてメテオを受け止めたと考えてみたが、背中で受け止めるのは不自然な話だ。
普通は正面からガシッ!と、両腕と胸で受け止めそうだしな~


メテオを背負った召喚獣のタイタン

レスタルムは昔メテオが落ちて、メテオからエネルギーを得て街が栄えているので、
別のメテオがタイタンにも直撃したのだろう。
いずれにしても、過去にメテオが降る大規模な何かがあったということだ。


タイタンとはテレパシーのようなもので、ノクティスの頭の中に呼びかけて出会う流れ。
アーデンは「タイタンが呼んでるんじゃねーの?」とノクティスたちに助言してたので、
やはりアーデンはそういった事情も知っている人物なのだろう。


モンスター

左下隅にいるタコはオルトロスキングスグレイブで姿を確認することができます。
キングスグレイブの舞台挨拶で野末さんが、あのタコはオルトロスを明言してたので間違いない。
オルトロスのすぐ側にはメデューサらしき姿も確認できる。
基本的に下側に描かれているのが『邪悪なるもの』なのかもしれない。



感想

リヴァイアサン近くにいるのがイフリートなのかな…。
つーか、FF15は召喚獣は少なさそう!?


でもプラチナデモに登場するカーバンクルが描かれていないし、
体験版に登場するカトブレパスにしても、あれも一応召喚獣だけどモンスターへシフトしたんだろうか…。
それとも創星記絵画に描かれていない召喚獣はまだまだいるのかも!?


と、まあ創星記はこんな感じだろうか。
いろいろとネタバレな気もするが『第15章 序の二』だから、これはまだ序章にすぎないのかな。


召喚獣シヴァ

FF15のシヴァ

TGS2016トレーラーに一瞬しか映ってなかったが、今回のシヴァも「エロい!」の一言だ。
これまでのシヴァはスーパーモデルというか、顔立ちなんかはキツめの表情をした白人系だったが、
FF15のシヴァはやんわりとした表情。なんか野村さん辺りが描いたような顔立ちだな。
シヴァが複数で囲んで敵を瞬間冷凍するのかな (´ω`)ムハー


色は白色系で統一。まあ…こちらの方が雪女というか、氷の妖精という雰囲気がするか。
ちなみにメガテン系のシヴァだと、腕とかいっぱいあって「グロい!」の一言だ…



↑TOP