ゲーム攻略マンのファイナルファンタジー15の攻略日記

【体験版発売前】田畑DのFF15インタビュー情報

FF零式HDの初回版に付属されているFF15の体験版の発売が近づいて参りました。
今回の田畑Dのインタビューは過去に動画で発言してた内容が多いですが、
武器システムは若き頃に作ってた『キャプテン翼5』が関与しているようです。


カミソリシュート級の武器が用意されてそうですね^^^^^

シドニーに関しては驚くべき発言をしてた。


レスタルムの街について

街では露店なども見えるが、レストランやホテルなどがある。
旅をキーワードに「これはあるよな」という要素はなるべく入れている。
すっとキャンプ生活というのは大変でしょ?
街ではホテルに泊まりたいじゃないですか(笑)


街にいる人間には、AI(人工知能)でコントロールしようとしてます。
それだけでなくノクトが通過したりすると視線を移すような自然な動きを目指している。
NPCとの会話は可能で、動画のトレーラーで見れるレスタルムという街は拠点のような場所です。
ストーリーでは前半でメインとなる街。


拠点は明確としているわけではなく、プレイヤーの感覚的に
「そろそろレスタルムに戻ろうかな」と思うときの考え。
ストーリーが進行したときに一度街に戻って、次の冒険の準備を済ませる時など。
尚、FF15の体験版では地理的に近くにある。


シドニーについて

シドニー

シドニーはレスタルムにはおらず、別の場所にいる。
胸の谷間は担当メンバーが張り切って、色々入れちゃっていて最初は激しく揺れていて参った(笑)


体験版にも登場するシドニーはストーリー的に深く関わるわけではなく、
整備士をしていて旅をしていくうえでとてもお世話になる。
FFといえばシドですから関わりがあるんじゃ?


召喚獣について

動画のトレーラーに映っている巨人は召喚獣のタイタン。
ノクトがプチッと踏まれないように反撃するんじゃないですか(笑)
召喚獣を召喚するため、タイタンの場合は戦わないといけません。
召喚獣は星の力の象徴で、ノクトのみが呼ぶことのできる存在です。


バトル要素について

バトルではボタンを押しっぱなしにすると、あらかじめセットしておいたコンボが出る。
ボタン連打でも同じ技が出る。
要するにずっとボタン連打をしてなくとも、押し続けるだけでも確実に攻撃が出る。
仲間との連携攻撃についてはまだ調整中。タイミングを見てボタンを押すシステムになる予定です。


パリィは敵の攻撃にタイミングを合わせる受け流しアクションです。
失敗のリスクがある上級者向けの要素。
魔法は少し変わっていて、MPを消費して発動するといったものではないんです。
FF8のドロー要素とも全然違う。その辺りも今後お伝えします。


MPの使い道は、剣を用いワープや回避のような特殊アクションを行う際に消費する。
回避はボタンを押し続けることで攻撃を避け続けるが、
そうするとMPが減り続けていくというデメリットがある。


武器について

武器メニュー

武器はいくつか同時に装備しておけるが、その中からメイン武器を一つ決めておく。
バトル中は、特定のボタンを押すと、メイン武器に備わっているアビリティが出せる。
メイン武器はバトル中に切り替えれるので、いくつかの技を出し分けれる。
コンボは装備武器の中から使う武器が自動で決まっている。


武器には剣や槍のようなカテゴリー分けではなく、一つ一つの武器を持っている。
ただ装備をして何も技が使えるようにならない武器もある。
僕が開発に関わった『キャプテン翼5』に似ているシステムかもしれません(笑)


■キャプテン翼とFF15の武器仕様について

新入社員時代に必殺シュートなどを作ってました。
必殺シュートを持っているけれども基本ステータスが低い選手、
スペックは高いが技は覚えていない選手など、それぞれ明確な特徴がある。


今回のFF15の武器システムもそれにかなり近くて、
アビリティは使えないが攻撃力が高い武器、攻撃力は低いが特殊なアビリティが使える武器
といった具合に、武器ごとに強い個性がある。
集めた武器でどの武器の組み合わせが強いのか、戦略を考えていくことになる。


ファントムソードについて

武器を集めるのはプレイヤーにとっての冒険の目的の一つとなる。
ダンジョン奥やフィールドの怪しいところなど、隅々まで探索してほしい。
街では変わった武器情報が得られたりもする。
道中ではファントムソードという、ノクトが空中に展開していた特殊な武器も手に入ることがある。


ファントムソードは特殊武器で、バトルでノクトが力を解放すると
ビットのように剣がノクトの周囲を飛び回って、敵からの攻撃を遮断してくれる。
この状態のときは、攻撃力が大きく上がり、自動で敵の攻撃を防いでくれるうえ、
超高速で移動できたりもする。さらにその上の状態もある。


FF15体験版の内容

体験版では広大な世界を冒険することになるので、プレイヤーのテンションを維持したまま
遊べるようにしたいと思っている。
コンボや連携、召喚などの一通りのバトルシステムを、
製品版ではその段階で使用できない部分も入れ込んで遊べるようにしている。


体験版では最初は車でドライブする場所をメインに考えていたが、
歩いてワールドマップを冒険するところに重点を置き、
バトルやキャンプを含めたサイクルを体験できるように変更
しました。
トレーラーに出てきたベヒーモスが歩いているあたりですね。


山間部にはチョコボなどもいるが、体験版には残念ながら登場させられませんでした。
チョコボには野生のチョコボの他に、チョコボステーションという施設で借りられるチョコボがいます。
後者のチョコボは騎乗用でレンタルして乗ることができる。体験版ではレンタルできません。


キャンプの仕様

キャンプの料理

キャンプは生活感を持たせるために導入したもので、
敵を倒して得た経験値は、キャンプを張って休むことで反映されてステータスに還元される
キャンプは昼夜問わずでき、安全な場所でしかできない。
キャンプが張れる場所を中心にフィールドを探索することになる。


料理はイグニスが作ってくれます(笑)
彼は料理好きなんです。材料を街で買っておくと、おいしい料理が食べられて、
ステータスにボーナスが得られたりします。
金が無いときは緊急用として野生のモンスターを食材化できたりもする。


ステータスアップ効果は、休息をしないと効果が消えてしまう
食事によるメリットがなくなるという感じですね。
東京ゲームショウでは1日の時間が約30分ぐらいだったが、
今はバランス調整が進んで1日を1時間程度にして昼の割合を長くしている。


感想

シドニーたんはスクエニの代表する全てのテクノロジーが注ぎ込まれているキャラだお

田畑Dのアクティブ・タイム・レポートで言ってたところが大部分だが、
今作のシド役はシドニーたんなんだろうな…。
前に田畑氏が「名前からしてどうのこうの」と言ってたので、とうとう薄情したのかw


剣クルクルバリアの正体は、どうやらファントムソードという名称のようだ。
いくつかの動画などを見てると「ファントムソード無敵すぎじゃね?」という印象を受けたが、
やっぱMPを多く消費したりするのかもね。
ノクトは召喚獣も呼べるし、魔法も使えるし、武器てんこ盛りで万能すぎるような…


キャプテン翼5の件を考えると、FF15は武器集めが主流になりそうか。
とある場所のイミフな洞窟へ入り込み、仲間らと共に強烈なモンスターと死闘を繰り広げ、
最奥には強めの武器が入った宝箱とかあるのだろうw
あるとしたらエクスカリバーや斬鉄剣あたりか~



↑TOP