ゲーム攻略マンのファイナルファンタジー15の攻略日記

TGS2016におけるFF15の新情報まとめ

2016年9月15日~9月18日まで開催してた、東京ゲームショウ2016がようやく終わりました。
4日間の開催でしたが、来場者数は過去最多となる27万1224人だそうです。
今ひとつコンシューマーゲームが弱い現状だが、ゲームそのものの需要が減ったということではないようだ。
まあ、むしろスマホゲーに多く流れたといった感じか…


で、TGS2016におけるFF15といえば、田畑DのATRで放送してたことがほとんどかな。
初日には新たなトレーラーを公開してたけど、アーデンの謎の思惑やら召喚獣シヴァを見ることができた。
あとはメディアがFF15試遊版の実機プレイをしてた。


キングスナイト

ファミコンのキングスナイト

真新しい発表があったとすればキングスナイトぐらいか。
FF15ユニバースに新しいお友達が増えましたって、何のことだろうと一瞬驚いたが、
なんだか懐かしいBGMとドット絵が…。
そして縦長のゲーム映像を見せられた時に、スマホゲー&リメイクだとすぐに気付いたw


これキングスグレイブのキング繋がりで計画したのか?と思ったけど、一応30周年らしい。
昔は友達の家でよく遊んだもんだ (´・ω・)y─┛~~

当時子供だったのでアニメ風のパッケージを見て「これ遊んでみたい」的な流れでソフトを選んで、
キングスナイトをプレイしてみたら、今で言う洋ゲーみたいな感触を味わったのを覚えているw


初めて知ったのが、スクエニ第一弾ソフトって実はキングスナイトだったってことだ。
今までFF1、半熟ヒーロー、トムソーヤ辺りが第一弾だと思ってたわ。
つーか、リメイク版って坂口博信氏が作ってんのか?と調べてみると…


内容から察するとミストウォーカーが作ってる訳ではないぽいな。
キングスナイトを昔作ってた開発スタッフが、スクウェアに何人残ってることやら…。
田畑Dの手口からすれば、おそらく坂口氏を監修役に据えるんだろうな~


キングスナイトのジョブ

気になるのはマルチプレイ要素と豊富なジョブ数ぽいやつ。
いや、キャラクターなのか!? プロレスラーもいれば、虎とかもいる。そしてハゲもいる…。
これらも操作できるのであれば、育成要素が強そうなゲームだな。
まあ映像を見た感じ、シューティングゲーム風なところは相変わらずだ。


嫌な予感を挙げれば配信日が2016年であること。
FF15発売後だとその頃にはFF15を遊んでる頃だし、キングスナイトを遊ぶ気持ちは薄れてそう…。
DLC配信予定と言ってたのでディスクの容量的にキツいか、FF15発売日までに制作が間に合わないのか!?


スクエニカフェ

スクエニカフェ

あと真新しい情報といえばスクエニカフェぐらいか。
家近かったら行ってみようかと思ったけど、ドラクエがやってるリアルのルイーダの酒場を
ファイナルファンタジーもマネしたかったのかなと。


店長はアルティメットコレクターズ・エディションを増産した、マーケティング部の高橋氏らしいので、
脱サラというより、スクエニから「お前来月から店長やれ!」とか命令されたんだろw
そもそも料理とかできるの?と思ったけど、シェフを雇いそうだな。


ちなみにFF15アートディレクター・兼シェフの長谷川朋広氏が、試食会がどうのこうのと言われてたが、
長谷川氏の料理の腕前はかなりのもので、gamescom2016では何かを必死に料理してました。
最初見た時はハッとしたね! 魚とアルフォート(袋ごと)を混ぜて鍋で焼いてましたw



ジャスモン

東京ゲームショウ2016のジャスモン解説の様子

ジャスモンに関しては前にも言った通り、もう見限られてしまったという感じだな…。
田畑Dも「僕はちょっと続けてないですけど」と言うくらいなので、
ぶっちゃけ続けるほど魅力が無いと感じたんだろうw


会場内でジャスモンを続けていない人がどのくらいいるのか挙手を取ったくらいだし、
カーネル大佐からしてみれば公開処刑を受けた感じだろうな。
でも大佐には悪いなと田畑Dが思ったのか、その場でプレイして普通に遊べることをアピールしたのだろう。


ノクティスたちがハマって遊んでいるゲームに、キングスグレイブFF15が登場するとか
どこか支離滅裂な話だが、ジャスモンの運営利益を優先するよりも、
別の製品をアピールすることに計画を専念したのかもね。


つーか、王の剣のメンバーらがモンスターとして登場するんだろうか!?
それならいっそ、野末監督の渾身のキャラクター・モルボル君を登場させるとかw


ローチン動画を観察すると、タイタン、ベヒーモス、リヴァイアサン、カトブレパス、グラシャラボラス、
ディアボロス、メデューサとか写っているので、第2弾モンスターガチャは有り得そうです。
とりあえずゴールデンボールは一応溜めてた方が良さげか。




メディアのインタビューまとめ


車(レガリア)について

車(レガリア)は仲間との旅、父との絆の2つの概念がある。
まずFFヴェルサス13の頃から車で移動する概念があった。
FF15に切り替える時、仲間同士で車の旅をする体験をメインにすることにした。
そして父(レギス)も一緒にいるような旅にしようと考え、父との絆を結びつけているのが車。


■車での移動
  • 車の移動では岸壁には落ちないようになっている。
  • 基本的に車が走れるのは道路だけ。逆走して対向車線に入ることはできる。
  • オフロードぽい砂利道は、車が走れるように舗装された道になっている。
  • レールの上を走る感覚ではなく、自由にステアリングはできる。
  • ガードレールや他の車にぶつけることは可能だが、モンスターにはぶつからないようにしている。
  • 高速道路など有料道路は無し。

  • 車で空を飛べるのはゲーム後半から。
  • ストーリー上は空を飛ばなくてもいいが、空を飛ばないと行けない場所がある。
  • 空を飛んでいる時はガス欠にはならない。
  • 車で海の上を走ることはできない(チョコボなら泳ぐことができる)。

■車の故障
  • 車が故障すると金を支払って直さないといけないが、壊れても車の性能が落ちることはない。
  • ゲームでは他の車をかわすようにプログラムされているが、うまくやればぶつけることもできる。
  • ガス欠になることもあり、その際は現実と一緒でガソリンスタンドで補給するか、
    シドニーに来てもらうことができる。来てもらう場合は、その分のお金を取られる。
    車を押して自分で行けば、その方が安く済む。

■車の要素
  • 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のように車で過去へは戻れない。
  • ちょっとしたカーチェイスがあり、レーシングゲームではないお遊び要素がある。
  • 一般車の種類は数はそこまで多くはない。色変えパターンが多い。
  • 参考にした車はダットサン(日産)などのレトロ車。アメリカや日本の車のデザインなど。

  • レガリア以外の車に乗ることはできない。
  • レガリアは改造は必須ではないが、速度を上げたり、燃費をよくしたりカスタマイズできる。
  • 車の外見はカラー変更、ステッカー貼りなどできる。色塗りは素材も必要になってくる。
  • 車内ではFFシリーズの過去曲を聴ける。カセットテープは買うことができる。
  • ラジオ局は無い。ヒッチハイカーは乗せれないが、他の人を乗せることはある。

シヴァについて

召喚獣のシヴァは、タイタンやラムウと違い巨大ではない。
しかもいつ召喚できるかは不定で、シヴァ側で召喚されたいときだけ召喚できる。


全体的に描画能力が上がったように感じる

全体のブラッシュアップは行っているが、アンチエイリアスのアルゴリズムも
だいぶしっかりと実装できた。以前より輪軸がハッキリしている。


東京ゲームショウで配ってたノクティス達のお面は何だったのか?

超お手軽なコスプレと言える。
お面があると、ふざけたポーズなんかもとりやすいし、
みんな写真投稿をためらいもなくやってくれるのでは?と。


ライブアートはなぜやったのか?

お前らのアートはここまで凝ってないだろ(笑)ってぐらい、
みんな気合をいれて自分の絵がいかに目立つしか考えずに描いた。
ライブアートはお面と同じで、ゲーム製作陣に興味がある方も多いと思うし、
作り手が生み出したのを見れる特別な体験だと思っている。



感想

TGSの裏側って、結構作業スタッフいるもんなんだな。
田畑Dと大藤氏の事前打ち合わせとは実にシンプルなもので、
イスとテーブルだけ用意して「あーだ、こーだ」と話していた。
つーかプロンプトって、ノクティスたちが必死に戦ってる時に写真撮りするのか!?


ジャスモンは育てたモンスターをコロシアムとかで連動して遊べたら良かったと思ったけど、
あの様子を見るとFF15と連動するかどうかすら怪しいんだよな…。
仮に連動したとしても追加コスチューム辺りか~


全体的に気になったのは、キングスナイトがいつ頃配信されるかぐらいかな。
課金要素が強ければFF15のDLC配信で遊べばいっか!と考えるようになると思うし、
どことなくジャスモンと同じ道のりを進みそうな予感も少し感じるんだよな…。
あと車に関しては、もう十分わかったから、もっと別の質問してみようかw


それと少し前にファイナルファンタジー30周年記念ポータルサイトができたけど、あれって何なの?
フラッシュの映像だけ見れる感じサイトだな。
なんか…昔からスクエニは、用途がよく分からないサイト作ること多くね?w



↑TOP