ゲーム攻略マンのRed Dead Redemption 2(レッドデッドリデンプション2)の攻略日記

GTAやRED DEADシリーズの開発者・Dan Houser氏のインタビュー

アメリカで『New York Magazine』を出版しているVULTUREが、
ロックスターゲームスでGTAシリーズやレッドデッドリデンプション2の制作に携わってきた
Dan Houser氏(44歳)にインタビューを行ったそうです。
いろいろと詳細なことを話しており、興味深い内容だったのでまとめてみました。


ゲームの売り上げとか

レッドデッドリデンプションとGTA5のパッケージ画像

2013年に発売したGTA5は、3日間で10憶ドルを稼ぎ、1憶本近く売り上げた。
2018年4月の報告では2憶6500万ドルの予算で60憶ドルの売り上げを達成して、
歴史上もっとも売り上げたエンターテイメントとなった。


2009年に公開された映画『アバター』の世界興行収入だと、
28億ドル(当時の日本円で約2518億円)なので、いかにGTA5が売れたかが分かる数字だ。
RDR1の売り上げは1500万本


レッドデッドリデンプション2は素晴らしいアート、スマートなライティング、
巧みなAIを組み合わせて、そこらにいるNPCでさえ知覚的に見えるようにしている。
映画のようなカットシーンはローディング時間を待つことなく、
ゲームプレイからカットシーンへスムーズに移行できるのだとか。


ロックスターゲームス関連会社とか

Dan氏はGTA3前には、Take-Twoが借金1憶ドルもあったと覚えている。
自分らが使った金でもないのに、稼いで返済しなければいけないのはストレスだったという。
とはいえ3憶ドルの利益を上げた。それ以降Take-Twoは重大な問題は一度もないのだとか。


しかし、2004年にはGTAで隠されてあったs〇xモードが発見さて厄介なことになった。
ゲームの主人公と女友達の性行為を見れる内容で、FTC(連邦取引委員会)に調査尋問された。
自分にとっては馬鹿げたもので、直接攻撃にさらされるには至らなかったけど、
彼らは我が社を叩く理由を見つけようとしていた気がした。


RED・DEAD・REVOLVER(レッド・デッド・リボルバー)のパッケージ画像

2002年にはTake-Twoが別の開発会社『Angel Studios』を買収。
キャンセルされたゲームの1つのレッドデッドリボルバーに可能性を見た。
Angel Studiosは後で『Rockstar San Diego』と改名し、2004年にレッドデッドリボルバーを発売。
そして2010年には、巨額な予算・アイデアを盛り込んだレッドデッドリデンプションを発売させた。



レッドデッドリデンプション2の制作内容

Red Dead Redemptionのジョン・マーストン

RDR2の脚本数は約2000ページ!

2011年初めにRockstar San Diegoとチャットしながら、
レッドデッドリデンプション2をどんな感じにするか、登場キャラクターは誰にするか話し合い、
多くのミッションのラフなスクリプトが完了させた。


レッドデッドリデンプション2のメインストーリーの脚本は約2000ページ
サイドミッションも含めてページを積み重ねると、高さ8フィート(約2.4m)くらいになる。
音楽は192種類のミッションスコアに作用した楽曲がある。


GTA3以来、ダン氏と執筆していた元技術ジャーナリストのLazlow Jones氏は、
レッドデッドリデンプション2のNPCでも、それぞれ80ページの脚本があるのだという。


2200日間にもおよぶ、RDR2のモーションキャプチャーの撮影…

モーションキャプチャーの撮影には2200日間が必要で、俳優は1200人、
すべてのSAG-AFTRA(全米映画俳優組合)、そのうち700人の声の収録を行ったので、
俳優からしたらロックスターゲームスは最大の雇い主になるだろうとDan氏が話す。


モーションの編集作業は大変で、2018年には何百回も100時間労働を行ったのだという。
で、完成したゲームには30万のアニメーション、50万行の収録、さらに多くのコードを含んでいる。
レッドデッドリデンプション2のトレーラーやテレビCMは約70種類作ったが、
編集した本数は数100種になるかもしれないだとか。


有名な俳優は彼らのエゴのため、採用はしていない。
最も大事なことは、世間的に知られていない才能を持つ俳優を採用して、
より良い没入感を得ることだと思っているから。


レッドデッドリデンプション2で出演している最も有名な俳優は、
1990年のアメリカ映画『Dances with Wolves』に出演して、
助演男優賞にノミネートされた俳優・Graham Greene(グラハム・グリーン)


2004年代のGTAの制作では、Public EnemyのChuckディレクターのワンマンには苦労して、
別のディレクターに頼まなければならなかった。


RDR2のメインストーリーは約60時間

メインストーリーのボリュームは65時間。そのうち5時間はボツになった。
ボツになった理由は、主人公のアーサー・モーガンの2つの『』に関する内容で、
その1つがうまくいかず、余計なものになってたのでミッション全体が削除したのだという。


賞金稼ぎを相手にした列車のミッションがあったが、そちらも削除された。
最初は楽しいものだったが、そうでもなかったからだと言う。



感想

Red Dead Redemptionのビル・ウィリアムソン

Red Dead Redemption 2は、GTA5より売れるんだろうか…!?

もの凄い規模の開発に驚くべき内容だった。開発資金もさぞかし高額になったことだろう…。
レッドデッドリデンプション2はロックスターゲームスの技術・努力・金の結晶みたいなもんです。
それをプレイヤーは1万円そこらの値段で遊べるので贅沢なゲームだ。
いや、むしろ国産ゲームが値段に対しての面白さが付いてこれてないような!?


それにしてもモーションキャプチャーの撮影だけで、2200日間もかかってしまうのか…。
モーション撮影後の編集作業が大変だったりしますが、
おそらくフェイスモーションとかも全部俳優の表情で撮影しているのだろう。
2011年に発売したLAノワールなんかは、フェイスモーションだけでも当時は凄かったくらいです。



つーか、ロックスターゲームスのゲームはあれだけ売れれて、
なぜTake-Twoは大赤字を食らっているのか昔から謎ですね…。
一体何に金使ってるんだろw


GTA5があれだけの数で売れなければ、Take-Twoはとっくに倒産してただろうと言われるが、
他の売れないゲームが赤字を増やしてしまっているんだろうか。
でもレッドデッドリデンプション2で好景気に乗れそう!?


Take-Two最高経営責任者のStrauss Zelnick氏は、数字はあんま気にしてないと言ってるが、
RDR2のプリオーダーを発表した頃は、一時期は海外のAmazonのPS4版の予約在庫が『売り切れ
を表示するほど大好評でした。でも海外のアナリスト企業はGTA5よりは売れないだろうと
過小評価していたが、今でもその結論は変わらないのだろうか?


暴力・性的はタブー?

s〇xモードとか昔話題になったなぁ。
あれは意図的に入れたのか? Modで入れられたのか?とか言われてたような…。
GTA5では堂々とヤッてたけど、現在は海外規制が緩くなったんだろうか?


そういえば読んでいる時に、昔セガの名越稔洋氏が「GTA嫌いだ」とか言い出したのを想い出しだw
なんでもロックスターゲームスの連中と話したときに、
「GTAにおける暴力の扱いはどう?」と聞いたら、彼らは名越氏の問いには何も答えなかったのだという…

https://ameblo.jp/nag0617/entry-10365949932.html


おそらく名越氏はそれ以来ヘソを曲げたのか? GTA嫌いになったものと思われるが、
私的な意見では何も答えなかったというより、「何も話せなかった」のではないだろうか?
たぶんFTCの調査のように揚げ足を取って、会社を閉鎖に追い込もうとする組織が多いんじゃないのかね。
そうなると暴力や性的というものは、口外で話すことは徹底してタブー契約でもされてるんだと思う。



↑TOP