ゲーム攻略マンのRed Dead Redemption 2(レッドデッドリデンプション2)の攻略日記

RDR2のオンライン『Red Dead Online』がついに発表される!

Red Dead Online Betaのロゴ画像

来月の10月26日には、世界同時発売でレッドデッドリデンプション2が販売されます。
オンライン情報に関しては全く入って来なかったが、
Red Dead Online』が2018年11月よりベータ版を投入予定だそうです。


前作からあった対戦や協力要素はもちろん、一人でもフレンドと一緒でも遊ぶことができる。
オンラインの詳細に関しては、後程伝えられるそうです。


しかしIGNではロックスター・ノースのデザインディレクターImran Sarwar氏、
ロックスター・セイディエゴのシニアプロデューサーJosh Needleman氏に、
独占インタビューを行ってました。以下はそれについてまとめました。

http://www.ign.com/articles/2018/09/19/red-dead-online-devs-reveal-first-details



Red Dead Onlineで何ができる?

マルチプレイと協力型ゲームプレイ、オープンワールドの物語を融合させた新たな世界を提供している。
1人でもプレイできるし、他のプレイヤーやフレンドと組んだり、競った遊びを簡単にできます。
19世紀の舞台設定も活用して、ユニークで楽しいものにしている。
GTAオンラインで学んだ要素やアイデアを発展させて、Red Dead Onlineに取り入れてる。


Red Dead Onlineは、なぜ同時リリースしなかったのか?

理由はいくつかあり、一つ目はシングルプレイとオンラインプレイの地理は共通してるが、
本質的に別々の製品、それぞれ別々に成長・進化していく製品として見ているから。


二つ目はオンラインプレイをする前に、
シングルプレイでレッドデッドリデンプション2の世界観を味わってほしい。
そして操作性などを理解してから、Red Dead Onlineをプレイするのがベストだから。


三つ目は過去の経験により、オンラインゲームのローンチというものは、
必ず不具合が発生するものだと分かっているので、
ゲームプレイをスムーズにするために時間を確保したいと思ったから。


GTAオンラインとの違いは何か?

大きな違いは、GTAオンラインは世界をハイスピードで走り抜けることが多いけど、
レッドデッドリデンプション2ではペースの違いが親密感を高めており、親密な体験を味わえるはず。
シングルプレイの物語と同様に、オンラインで登場するキャラクターにも馴染んでもらい、
キャラクターの性格、設定、時間と一致してるように感じてもらいたい。


Red Dead Onlineをローンチ後、GTAオンラインはどうするの?

GTAオンラインは、まだまだ大きな計画が用意されている。しばらくはアップデートを配信し続ける。
Red Dead OnlineとGTAオンラインのアップデート時期を調整して、
両方の作品を楽しめるようにしようという計画もあるが、開発のプランによっては無理かもしれない。


Red Dead OnlineにはGTAオンラインのプレイヤーが楽しめる要素がたくさんあるけど、
Red Dead Onlineは全く新しいものを求めるファンも惹きつけると思う。
どの要素がヒットするかは分からないので方向性が変わるかもしれないが、
今はロールプレイと道徳性に重点をおいた方向性でやっていく。



海外メディアによるレッドデッドリデンプション2のゲームプレイレビュー

アーサー・モーガンがマシンガンで射撃する画像

上記のオンライン要素以外にいくつかの海外メディアでは、
すでに2時間ほどレッドデッドリデンプション2をプレイしたそうです。
新情報が見られ興味深い内容でした。



レッドデッドリデンプション2のゲームシステムまとめ

レッドデッドリデンプション2では、PS4/PC/XboxOneのGTA5のようにFPSモードが搭載されており、
PS4だとコントローラーのタッチパッドを押して、FPSTPS視点の切り替えができる。


馬との絆を築くことは、このゲームにとって重要な要素となる。
それは乗馬する以外にも馬を世話することも含まれており、
例えばブラッシングして馬の汚れを落としたり、エサを与えたり、撫でたりすること。
草むらで蛇を見つけた後など、馬を落ち着かせたりして関係を築けたりもできる。


水の中を走行しても、馬の汚れを綺麗にすることもできます。
そして、馬との絆を深めると新しい能力を学べる。馬には名前も付けれる。
L2ボタンを押せばサブメニューが表示されて、撫でたり、エサを与えたりできる。



武器はカスタムすることができ、鉄砲屋でバレルやアタッチメントを取り付けたり、
銃の性能の低下を防ぐために油を注いでメンテナンスをしなければいけない。
油で銃の手入れをすれば、ダメージやその他のステータスが上がる。
銃が劣化するスピードを遅くするホルスターなどのアイテムも存在する。


アーサーの衣服は、帽子、ベスト、コート、ブーツ、ズボンなどの項目がある。
衣服もカスタマイズ可能で、服の袖をまくったり、ズボンをブーツの中に入れたりできる。


デッドアイシステムは、何度もアップグレードすることが可能で、
時間をスローにする機能だけでなく、最終的にはクリティカルヒットできるゾーンを表示し、
ターゲットの敵に自動で照準マークを付けたりと快適にプレイできるようになる。



時間が経過すると髪やヒゲが自然と伸びてくるが、理髪店へ行けば剃ってもらえる。
GTAシリーズのようにメニュー欄から髪・ヒゲのリストから選ぶのとは違い、
店の人がセットできる仕事だけ。アゴヒゲの長さによりオプションは制限される。


L1ボタンを押すと、武器とかアイテムを収納しているホイールを出せる。
ゲームのミニマップなどは、左下隅に普通のサイズで置いたり、
コンパスを縮小させてみたり、非表示にしてみたりと設定で切り替えれる。


アーサーは食べたり、眠ったりする要素もある。
時間が経てば空腹になって疲れてくる。
食事を抜いたり、眠らなかった場合は、HPやスタミナが回復しない。
キャンプで食事をすれば、HP・スタミナ・デッドアイゲージなどが全回復する。



Red Dead Onlineの感想

ビル・ウィリアムソンとマイカ・ベルの画像

Red Dead Onlineで気になった点は、シングルプレイとオンラインプレイでは、
それぞれ別々に成長・進化していく製品として見ているというところかな。
これってオフラインでも、アップデートが入るという意味なんだろうか?
前作はゾンビバージョンもあったし、そういうことなのかな…


GTAオンラインとの違いについては、レッドデッドリデンプション2では
NPCとフレンドリーな関係を築くのを重視したということか?
GTA5で言えばトレバーが人気だったように、ダッチギャングで過ごす体験により、
自然とキャラクターに対しての想い入れが強くなっていくのかな…


具体的なオンライン要素の内容は11月頃に発表されそうな気がするが、
個人的にはブロック機能を追加してほしい限りだ。
GTAオンラインにおけるパッシブ機能はなんか微妙なシステムだし、
誰もが「こんなヤツと二度と遊ぶかよ!」と思ったことは一度はあるはずw


ルールがなく自由という反面、なぜか海外でも日本でもPvPばかりだし、
お互い目的が合致する人と遊ぶ状況が作りにくいという印象があります。
魚釣りで「お、大物が釣れそうだ!」と奮闘している最中に、バキュ~ンと撃たれれば萎える。
で、結局はPvPになるだけのゲームだし、ルールはやっぱ必要だなと思ったりもするかな。


ボイチャ厨にしても戦わずに荒らしてくるだけだし、
通報したところでメーカーが俊敏に対応してくれるとは思えないな…。
まぁRed Dead Onlineは、なんかGTAオンラインとは違った遊びがしたいですね!



↑TOP