ゲーム攻略マンのRed Dead Redemption 2(レッドデッドリデンプション2)の攻略日記

レッドデッドリデンプション2に生息する野生動物たち

200種類ほど存在する野生の動物について

レッドデッドリデンプション2に登場する野生動物の画像

2018年10月26日に発売する、ロックスターゲームスのレッドデッドリデンプション2だが、
公式サイトではゲームに登場する野生動物の情報が投稿されてました。
前作もフィールドで見かける野生動物はそこそこいたけど、
レッドデッドリデンプション2では、200種類ほどの野生動物や魚類が生息しているそうです。


「えっ、今作はそんなにいるの?」と驚いたが、野生動物たちは全てが独自の方法で行動し、
環境に対応して生息しているので、リアルさながらのオープンワールドが出来上がってそうだ。
魚の種類だけでも、かなりの数になってるのかもしれませんね。



詳細に描かれた野生動物たちのイラストが何枚か掲載されてたが、
あの絵は一体何枚描いてるんだろう!? というか、よくゲーム内に全部収まったもんだ…
何だかアイテム名をまとめるだけで、気の遠くなるような作業になりそうですね ('A`)



野生動物の生態系と食物連鎖

レッドデッドリデンプション2の鳥類の画像

さらに野生動物の特徴や生態系が記されおり、いわゆる動物たちの食物連鎖を感じ取れます。
ゲーム内でもAIで組まれた動物たちが、こういった動きを自然と行うのだと思う。


■野生動物の特徴
  • 鹿・バイソン・プロングホーンは、大群で平原を横断する。
  • スカベンジャー(腐食動物)は、死肉を素早く嗅ぎつけれる。
  • ベニザケは上流へと飛び跳ねる。
  • オオカミは群れでそれらの獲物を囲んで襲う。
  • ガチョウは一定の隊列で空を飛ぶ。
  • フクロネズミは死んだふりをする。
  • 齧歯動物は木のくぼみで、すばしっこく動きまわる。
  • グリズリーは危険が迫ると威嚇攻撃をする。
  • 猛禽類は上昇気流で舞い上がる。


狩猟、釣り

レッドデッドリデンプション2で釣りをしている様子の画像

荒野で生存するためには狩猟や釣りなどで、食料や資源の調達が必要不可欠だ。
川や湖では様々な魚が生息している。
魚の種類に合わせて、適切なエサとルアーを選ぶことが釣り攻略の鍵となるそうです。



動物と雪野原の画像

また動物の追跡には、集中と忍耐がいるようで、
臭いで気づかれないように注意深く動いて風向きを見るか、警戒しながら獲物に注意を払おう。
動物の血痕などから、逃げた場所を特定しながら追跡もできる。



弓で狩りをしてる画像

武器や射撃位置の選択も非常に重要で、肉と毛皮の品質に影響する。
それらは売却するときに、支払われる価格に影響を与えることになる。
動物のサイズに合うライフル銃を選ぶか、弓で静かに獲物を狩るのをマスターしよう。
ボコボコに毛皮に穴を開ける狩猟では価値が下がるので、急所を狙って獲物を仕留めること。


狩りに成功した後は、その場で動物の皮を剥いで殺すか、または持ち帰ることができる。
死骸を長時間放置してしまうと、腐食動物が匂いでやって来るようです。



キャンプへ獲物を持ち帰る様子の画像

入手した皮・毛皮・肉・死骸などは馬の背に乗せて、町の肉屋で売却したり、
キャンプでシチュー鍋のために持ち帰ったり、または何らかの衣服やアイテムを作れるそうです。
資源は十分あるので、尽きて無くなったりすることはない模様。



19品種いる馬たち

Red Dead Redemption 2で馬と散歩している画像

に関してはすでに情報が出ている通り、基本的には移動用として利用したり、
馬の背に武器や野生動物の死骸を乗せて運んだりできる。
馬はフィールドにいる馬をロープで捕獲したり、馬を売る店で購入して入手できます。
これらに関しては、前作通りの仕様かと思います。


レッドデッドリデンプション2では、馬をブラッシングしたり、エサを与えたりして、
馬の世話をすることで親密度を深めることができる。
それにより馬のスタミナ・操作性・動きを高めることができます。


親密度の強化スキルや報酬のアンロックなども用意されている。
捕まえたばかりの馬だと規則性がないので、乗りこなすには慣れが必要になってくるらしい。


Red Dead Redemption 2の馬の画像

馬は19品種おり、毛色・毛並みによる種類は59種類存在するそうです。
この辺りはスピードに適した馬だったり、荷物を運送するのに適した馬だったりと、
馬の種類によって能力が違うものかと思われる。


馬のパフォーマンスを向上させる馬具は、
鞍、ホーン、あぶみ、拍車』があり、それぞれカスタマイズできるのが特徴。
馬に名前を付けたり、たてがみや尻尾のスタイルを変えたりと、細かい部分まで変えれるそうで、
付き合いの長い馬とは愛着が湧きそうですね!


最もレッドデッドリデンプション2では荷物制限があるそうなので、
主人公が常にいろんな種類の銃を持てる仕様では無いため、馬に積み荷することになる。
移動面だけなく、運び屋としての重要も高めたことで、
馬と一緒にいる時間や、馬の必要性が増したように感じます。



↑TOP