インディアンタバコの入手場所

インディアンタバコの入手場所のマップ
■図鑑コンプリート
  • 総合進行状況
  • 採取した回数
  • 製法の材料にした数
  • シガレットカードの発見

■特徴、用途
  • ヘビ油系の材料になる
  • 植物を食べる:基本デッドアイ12%回復

インディアンタバコの内容

(学名:Lobelia Inflata)

インディアンタバコは背が高く、鋸刃状の葉を持ち、薄紫の繊細な花をつけるのが特徴。
この種類の森林地帯やサバンナに自生し、ウェストエリザベス、アンバリーノ、ルモワンでよく見れる。
薬草として利用され、食べると基本デッドアイが増える他、ヘビ油の主要な材料にもなる。



↑TOP