スパローエッグ(ラン科)の入手場所

スパローエッグ(ラン科)の入手場所のマップ
■図鑑コンプリート
  • 総合進行状況
  • 採取した回数

■特徴、用途

スパローエッグ(ラン科)の内容

(学名:Cypripedium Passerinum)

スパローエッグ(ラン科)は小さな雀の卵のような形になる白い花弁で簡単に識別できる。


この種のランは高さ50センチ程度までに成長する。
湿地の高い森の地面や小川の岸などに多く見らえる花で、
ロアノークリッジ、ニューハノーバーの全域に自生する。
ラン愛好趣味の流行により、この珍しいランは収集家や植物学者の間で珍重されている。



↑TOP