ミリアム・ウェグナー

ミリアム・ウェグナーの場所のマップ

1:エメラルド牧場に住んでいる謎の娘

チャプター2の頃から割とあちこちで見かける遭遇チャンスで、
馬が死んで足首を捻った女性が助けを求めている。
L2で承諾して、その女性をエメラルド牧場へ連れて行くときに、エメラルド牧場について聞けます。


エメラルド牧場に住む女性の会話シーン

その女性の話によると、庭仕事に募集してたから、今のところエメラルド牧場に住んでいる。
でも、もうすぐ辞める。エメラルド牧場は変な所よ。


牧場主は意地悪な変人で人をいじめるのが好きなの。
娘がいるんだけど彼女は家から1歩も出ない…。
たまに窓から見えるけど、彼女のことを探ろうとすると、みんなには触れないように言われる。


それに古い酒場があるんだけど、今は閉まってて中を覗いてみると弾痕や血痕だらけなの…。
何かあったに違いないけど詳しいことは分からない。異様な雰囲気があるのよ。
とにかく馬も失ったことだし、そろそろあそこを離れるつもり。


2:窓から見える女性、古い酒場

22時~24時になると、家から1歩も出ない、たまに窓から見える娘が登場します。
双眼鏡で覗くと見やすくなる。あまり長く窓辺にいることもない。
玄関に近づくとユージンおじさんと喧嘩になるので、あまり近づかない方がいい。


ミリアム・ウェグナーが窓から見る光景

▲時折、窓から外を眺める女性。家の中には入れません。

古い酒場の画像

▲近くにある使われていない古い酒場に行くと、弾痕や血痕が見られる。


■ホゼアのエメラルド牧場の情報について
古い酒場の画像

ちなみにチャプター2のストーリーミッション『アメリカの大黒柱』で、
カーモディーデルへホゼアと一緒に向かう時に、
L2会話で『エメラルド牧場の情報は?』を選択すると、少しだけこの女性について語る。


ホゼアが話すには、エメラルド牧場とは所有者の評判はかなり悪く、
シェイマスはそいつを恐れているのだとか。
あの場所は何か編で、前はエメラルド牧場に酒場や雑貨屋があったが、
今は全部閉まっている。だが金には困っていないようだ。


それと牧場主に娘がいるらしく何度も話に出てきた。
前はよく姿を見せていたが、今は家から出て来ないそうだ。
彼女に惚れてるんだろうとホゼアが話す。



3:カンバーランドフォレストで手紙を入手する

カンバーランドフォレストの道横の郵便馬車の画像

カンバーランドフォレストの道横には、郵便馬車が放置されている。
そこに金庫があり、中を開けると『ミリアム・ウェグナーへの手紙』を入手します。
いとこのアナベルが、ジョシュアを亡くして悲しむミリアム・ウェグナーに宛てた手紙です。


ジョシュアの墓の画像

あの窓辺の女性がミリアム・ウェグナーだということが分かる。
またユージンおじさんが、なぜか敵対的で怒りっぽいのもうなずける内容だ。

ちなみに手紙をユージンおじさんに渡すことはできないが、
古い酒場の裏にあるジョシュアの墓を見ることならできます。



イザボー・カタリナ王女

行方不明のイザボー・カタリナ王女のポスター

行方不明のイザボー・カタリナ王女のポスターの場所マップ

ニューハノーバー州・ヴァンホーン交易所の酒場には、
行方不明になったというイザボー・カタリナ王女のポスターが貼られてます。
ストーリーがジョン編になってもポスターは存在する。


ヴァンホーン交易所の酒場に貼られているポスターの位置を示す画像

▲酒場の外壁にポスターが貼られている

イザボー・カタリナ王女のポスター

ポスターの内容によれば、行方不明のイザボー・カタリナ王女は1883年6月の5歳のときに、
訪れたアメリカで行方不明になったのだという。
外見は金髪で、右手と左頬にアザがあるらしい。見つけたときの報奨金は$100。
彼女が生きてるとしたらアーサーの時代だと20歳、ジョン編で28歳ぐらいの年齢になっているはず。


キャンパーから聞けるイザボー・カタリナ王女の手掛かり

イザボー・カタリナ王女の情報を得れる場所のマップ

イザボー・カタリナ王女に繋がる手掛かりは複数ある。
まずはエリュシオンプールの川沿いで、キャンプをしている見知らぬ人がいる時がある。
そのキャンパーに近づくと、「疲れてるなら休んでいってくれ」と言われます。


エリュシオンプールにいるキャンパー

キャンパーの話によるとこうだ。
7年以上前、アメリカへやって来た時に懸賞金の話を聞いた。
ヨーロッパから来た、とあるお姫様が15年前にアメリカで行方不明になった。


未だに姫は見つかっておらず、母国はまだ諦めていない。
見つけた者には莫大な報奨金を与えると言うので捜している。
ある男にヴァンホーンの町を捜せと言われて、そこが今の目的地だ。
多分、今回もハズレだ。俺のように自由に生きる男にとっては不思議とやめられない。


サンドニ新聞:第45号による王女誘拐事件についての情報

サンドニ新聞:第45号による王女誘拐事件についての新聞

各町で販売されている、新聞『サンドニ新聞:第45号』を読むと詳細なことが書かれている。
誘拐されたイザボー王女に対し、消息が繋がる情報に$1000の賞金をかけたことを発表。
王女は非公式の旅行で家族と共にアメリカに訪れた際、人里離れた狩猟用ロッジから行方不明になっていた。
当時の年齢は5歳で、殺害・誘拐・脅迫状・犯行声明は一切届いていない。


兄弟の王子はアメリカの人々に捜索の手掛かりになる情報提供の呼びかけを頻繁に行っている。
尚、王子本人は王女失踪への関与を否定している。
過去に報奨金が設定されたことはあるが、最新の布告はこれまでで最大の額となる。
最近流れ出た噂では、王女はアメリカのどこかの小さな町に連れて来られていると言う。


ヴァンホーン交易所の盗品商

ヴァンホーン交易所の盗品商にあるIsabeau Katharina Zinsmeisterの箱

イザボー王女がどこにいるのか分かっていないが、ヴァンホーン交易所の盗品商に行くと、
I-K-Z(Isabeau Katharina Zinsmeister)とイニシャルが書かれた箱が置いてある。
彼女の物かどうかは分からないが、現時点でどこを探してもそれらしき人物が見つからない…。


クレジットにはイザボー・カタリナの名前が無いことから、
ギャビンの友人のように、ゲーム内には設定されていない隠し要素なのかもしれない?



ジョンは泳げない

ジョンが泳げない画像

ゲーム進行の中で、ジョンがカナヅチであることが触れられているが、
実際に水中に入ってみると、アーサーと違ってジョンが水中に入ると
一気にスタミナが空になり、もの凄い勢いでライフゲージが削れて溺れ死にます。
なので、ジョンで水辺を移動するときは注意しなくてはいけない。



↑TOP