『霧に潜む亡霊』の概要

『霧に潜む亡霊』のマップ
褒美 噂の伝播 小
小さな守りの護符(不屈の護符 弐)
勇士の鉢巻き
発生条件 三行と三惑』を攻略後に発生する。
発生場所:豊玉
目標 赤島の村にいる典雄に会え。
内容

典雄之譚 第三幕。
蒙古に捕らえられていた捕虜はうまく助け出した。
だが、これで終いではない。
蒙古が次に赤島の村を潰しに来るであろうことは必定。
典雄と村で落ち合い、守りの策を練らねばなるまい。



赤島の村にいる典雄に会え ~ 典雄と話せ

■攻略項目

  • 赤島の村にいる典雄に会え
  • 村の中心にある屋根に上れ
  • 村の守りを調べろ
  • 典雄と話せ

赤島の村にいる典雄に会え

浮世草の霧に潜む亡霊が発生するシーン

『三行と三惑』を攻略後、地図に浮世草アイコンが表示されます。
赤島の村の鐘つき堂にいる典雄と法心に話しかけると、浮世草が開始される。


村の中心にある屋根に上れ、村の守りを調べろ、典雄と話せ

屋根に登る場所とビューポイントの位置

マーカーが表示されている民家の屋根に登る。
そして屋根上のビューポイントから、村の守りを眺めます。
湿地・村の入口の門・廃寺・近くにある香炉を見つけます。


屋根から降りて、典雄と話す。



香炉に仕掛けを施せ×6 ~ 典雄と話せ

■攻略項目

  • 香炉に仕掛けを施せ×6
  • 蒙古兵を待つ場所を探せ
  • 蒙古兵を倒せ
  • 香炉に火をつけろ
  • 寺に行け
  • 典雄と共に蒙古兵を倒せ
  • 典雄と話せ

香炉に仕掛けを施せ×6、蒙古兵を待つ場所を探せ

屋根に登る場所とビューポイントの位置

香炉の場所がマーカーで表示されているので、
香炉を6箇所調べて火薬を加えます。香炉の位置を覚えておくといい。


その後、マーカーが表示されている倉の中に入る。


蒙古兵を倒せ、香炉に火をつけろ

屋根から香炉をめがけて火矢を撃つ様子

天候が夜になり、屋根上にいる状態から開始されます。
地上には蒙古兵×3が香炉の側にいるので、半弓の火の矢で香炉を射る。
香炉から白い煙が出るので、その隙に蒙古兵に闇討を決めて倒します。
もしくは香炉近くでR2を押せば着火できる。


■攻略ポイント

基本的には屋根の上に登って戦うといい。
矢が都合よく置いてあるので、補充しながら蒙古兵を射っていく。
建物の屋根と屋根の間にはロープが張られているので、
ロープをつたって隣の民家の屋根へ移動できるところもあります。


もしくは頭上から闇討や連殺を決める、
または香炉がある位置へ移動しながら戦う方法でもいい。
ただし屋根上に引き籠って、ひたすら弓撃ちの方が安全で強かったりします。
敵に発見されて屋根に登って来る状況なら、香炉に頼ってもいい。


香炉の火薬に火を付けて煙を巻き上げてる様子

寺に行け、典雄と共に蒙古兵を倒せ、典雄と話せ

ある程度、蒙古兵を倒すと寺に行くことになる。
寺へ向かうと、典雄が蒙古兵と戦っているので助太刀します。
バトル後、典雄に話しかければ、霧に潜む亡霊が攻略される。


■攻略ポイント
てつはうを投げて蒙古兵を倒す様子

寺に到着した頃には、典雄はすでに死にそうになっている。
開幕はてつはうを2回投げて、まとめて敵にダメージを与えてしまうといい。



↑TOP