更新日:

どのユニットが強いのか?最強機体はどれなのか?

そもそもどの機体がいいのか?

ガンダムエボリューションの全機体一覧

ガンダムエボリューションでおすすめの機体は、
マウス操作か?パッド操作か?」で、だいぶ意見が分かれるかと思います。

とはいえ、「あの機体が強い!」と、ある程度絞り込まれてくるのでご紹介致します。
それとアップデートの調整で、機体の強さはゆくゆく変わるかもしれません。


■各機体の考察
  • ペイルライダー
    ややマウス向け。エイムはリコイルコントロールが必要。
  • ガンダム
    マウス向け。ハイパー・ハンマーでスタンさせれる。
  • ザク2【射撃装備】
    ややマウス向け。きちんと扱いこなすのは難しい。
  • ガンダムバルバトス
    パッド向け。裏取り、複数のスタンスキルでキルを取りやすい。
  • サザビー
    レーティクルが広いのでパッドでもやや操作しやすい。頑丈だし攻撃力も高い。
  • メタス
    ややマウス向け。 サポートできるユニットでは優秀。でもHPは低い。
  • ジム・スナイパー2
    マウス向け。ヘッドショット(クリティカルヒット)がやたら強い。
  • アッシマー
    マウス向け。ホバリングして空からの攻撃ができる。
  • ドムトルーパー
    慣れればパッドでも当てやすいかもしれない。サポートできるユニットでは優秀。
  • ∀ガンダム
    マウス向け。出来ることが単調。ガンダムの方を使ってたほうが強いと思う・・・
  • ガンタンク
    パッド向け。オートエイムで狙えるのが楽。
  • ジム
    マウス向け。シールドと爆弾で地味にやっていけそう!?
  • ガンダムエクシア
    ややマウス向け。近接スキルのコンボや移動とかはパッドの方がやりやすそう。
  • マラサイ【UC】
    マウス向け。海ヘビがヒットしねえ・・・。なんか弱くね?


強機体の評価

ガンダムエボリューションのペイルライダーのMVP - koryakuman

まず「どの機体が強いのか?」といえば、キルを取りやすいという点で考えると、
ペイルライダー、ガンダム、ガンダムバルバトス、サザビー、ジム・スナイパー2あたりです。
ただし前述したとおり、マウス操作かパッド操作かでだいぶ強さは違うはず。


■ペイルライダー

ペイルライダーは、一般的なFPSの兵士を操作する感覚でプレイできます。
自己回復もできるし、メインウェポンは乱射が利くので使いやすいためキルも取りやすい。
全体的にあまり悪いところがなく、安定した戦いがしやすい。
ただし、「最強機体か?」と聞かれると、違う気がする。

■ガンダム

ガンダムはメインウェポンが使いにくいところがあるが、マウス使用なら強機体に入るはず。
ハイパー・ハンマーでシールド装備のユニットを崩して対応できる点と、
範囲が広くて威力の高いGマニューバーで一発逆転も狙える。

■ガンダムバルバトス

ガンダムバルバトスは、裏取りできれば強い。ただしマップが開けた場所だと不利で、
ある程度動きを知り尽くされていると、スキルを使い切った後のガンダムバルバトスは弱いものです。
とはいえ、気付かないところからの闇討ちで壊滅させられるし、
FPS独特の視界の狭さと、遮断物が多いマップはガンダムバルバトスにとって有利だ。

■サザビー

サザビーはなんでもできるし、総合的に考慮すると最強の機体かもしれない。
移動速度は遅くてもスキルでカバーできるし、ドムトルーパーやメタスのサポートがあると、
スタン系スキルを持たないユニットは硬すぎて歯が立たない。
ただし、ガンダムバルバトスやガンダムが天敵になりやすい。

■ジム・スナイパー2

ジム・スナイパー2は、ヘッドショットが決まれば大抵の機体を一撃で倒せる威力を持つ。
ただし、ジム・スナイパー2のパッド操作で、ヘッドショット狙いは難しすぎる。
高いエイム力があってこそ、ジム・スナイパー2が強いと感じる機体評価になります。
初心者には全くおすすめしない。あと室内とかのマップでは狙撃できる場所が少ない。




初心者におすすめな機体はどれなのか?

ガンタンクが使いやすい

ガンダムエボリューションのガンタンクのMVP - koryakuman

初心者におすすめな機体は、ガンタンクがおすすめです。
ガンタンクは強機体に入るほどの実力でもないが、
L2のサブアクション+狙撃でオート照準になるので、難しいエイミングの必要がありません。


パッド操作だと動いてる機体に対してヘッドショット狙いは、慣れないと難しい。
それにガンタンクでもMVPに選ばれることは何度もあったし、キル数はたかが知れてるが、
チーム貢献度的に見れば、やることをきちんとやってればそう悪くもない機体です。


その他、初心者向けの機体について

「ガンタンクがいい」と言っても、チーム内で1機しか選べない仕様なので、
仮にガンタンクが他のプレイヤーに使用されてしまっていたら、他の機体を選ぶことになります。
他に候補を選ぶとしたら、ガンダムバルバトス、メタス、ドムトルーパーあたりが使いやすいはず。


■ガンダムバルバトス

シューティングは無理なんだけど・・・、アクションゲームならいける!」な人向け。
近づいて接近攻撃を繰り出すだけなので、パッド操作でもやりやすい。

■メタス

リペアケーブルで味方を回復しつつ、ガンターレットを設置しておいて、
あとは遮断物や味方の影から撃っておけば、安全圏の中で戦いやすい。

■ドムトルーパー

候補に入るか微妙なところだが、弾が爆破するバズーカ系なので慣れればまあまあぐらい。
アーマーガンによるアーマー付与は強いが、
移動が滑る感じなので、「なんか気持ち悪くて合わない!」な人もいると思う・・・




対戦に勝利するポイント

1:マップを覚えること

ガンダムエボリューションのマップ画像

ガンダムエボリューションは、初めてプレイしたときに思ったのが、室内のマップが複雑に思えた。
準備フェーズのときにどこへ進んだら、敵側へ近寄れるのか?」と分かりづらい。


まるで迷路のようにも感じたので、基本はマップ構造や高低差(上り下り)できる箇所、
リペアパック(HP回復アイテム)が置いてある場所を覚える
ことです。
リペアパックは一度取得後も、一定時間経過すると復活します。


最初の頃は、知ってそうなチームメンバーについて行けばいい。
床を見ると光るラインがあるので、それを辿るように進めば、目的地に到着しやすいようになっている。


2:ゲームルールを覚えること


ガンダムエボリューションをプレイすると、始めにチュートリアルを強制的にやらされますが、
チュートリアルを終えても「尚もゲームルールを覚えていない?」というか、
陣を取りに行かないプレイヤーが多い。エリアを踏みに行かないプレイヤーが多いと負け濃厚だったりする。


彼らの行動を観察すると、おそらくはゲームルールをまだ理解できていない。
または自分の身を安全第一に考え、死にたくないから自分から進んで前線には行きたくない。
のどちらかの理由かと思われる。


ゲームルールを考えると、撃破されると予想が付いていてもエリアに入ってしばし耐えるとか、
勝利するためには、ある程度の自己犠牲は必要になってきます。

この状況でどうやってしぶとく数秒耐えるか?」といったことも戦術の一つになってくる。
真の侍とは、どのような逆境にも耐え忍ぶもの。援軍が来るまでチャンスを待つのです!


逆にルールを知らなそうな対戦チームや、キルにこだわるプレイヤーが多かったりすると、
アッシマーが変形して簡単にエリアへ忍び込み、エリアを制圧して勝利したりもできます。
そういうチームは守りがザルなんです。


3:チームと足並みを揃えて突入する

GUNDAM EVOLUTIONでチームと足並みを揃えてエリアへ敵陣へ突入する様子

足並みを揃える」、野良チームだと案外できない人が多いです。
シンプルな行動だが、これが一番勝利に大事なポイントかと思う。

単独で突入しても、さすがに独りで同時に複数撃破できる確率は低いので、
最低3人とかでまとまって突入した方が勝率は上がります。


Gマニューバーを使うにしても、単独で中破できたところで、その後誰も突入しなかったりすると、
リカバリーされたりして、無意味な結果に終わったりすることがある。

でもジム・スナイパー2なんかは、自分が安全な場所だったり、狙撃しやすい遠距離スポットから
撃つのが目的になってくるので、単独行動でも問題ない。


4:「このままでは勝てない」と予測が付いたら、機体を変更する

ガンダムエボリューションの対戦で途中からユニットを変更する様子

ラウンドスタート時の入り口封鎖や、次のエリアへ向かう道中で前線を押しきれずに、
なかなか次の目標へ到達できないときがあるかと思います。

チーム全体のエイミングの腕前の差とかもあるけど、大抵そういうときは前述した足並みが揃っていないか、
または火力が弱いチーム構成だと、そんな風に陥りやすい。


サポート寄りで動く人が多いと、前線ラインを押せなかったりするので、
リスポーンするときは状況に合わせて機体を変えたほうがいい。


5:クイックピンを立てて、敵の位置情報を共有する

フィールドにピンを設置した画面

マップで複数の敵を発見したら、クイックピンを立てて、味方に敵の位置情報を教えること。
サザビーやジム・スナイパー2がいれば、アクティブスキルやGマニューバーで
敵の位置を知ることができるが、ずっと使用できる分けでもないので、クイックピンも必要になる。


とくに敵に撃破されたときは、ただ見ているだけでなく、
ピンを立てた方が後続の味方に位置情報が伝わるので、仇討ちやリカバリーに期待できる。